忍者ブログ
家族旅行の費用を綴るブログ

 スキーシーズン真っただ中ということもあり、スキー旅行の費用について、書いているブログを探してみました。今回は、高級リゾートで有名な、星野リゾートから、リゾナーレ八ヶ岳に宿泊するケースです。私の勤める会社も、星野リゾートとは法人契約があって一般料金よりは多少安いのですが、それでもお高く、まだ一度も泊ったことがありません。ちなみに企業で契約のある場合の宿泊料金はこちらに掲載されています。例えば、今シーズンのリゾナーレ八ヶ岳は、1月後半の土日で1泊朝食付き(大人、小学生、添寝幼児)で、法人契約料金37530円になります。じゃらんなどから手配した場合には、同条件で51750円ほどです。参考にさせていただきましたのは、4トラベルに掲載されたモモンガさんの旅行記です。
 では、具体的な数字を見てみましょう。

前提条件
出発地:東京都
目的地:リゾナーレ八ヶ岳(小淵沢)、富士見高原スキー場
人数構成:大人2人、小学生、幼児(5歳)
移動手段:レンタカー
☆スキーは、ウェア込の一式レンタル&子供たちはスクール

以上の条件でかかったお金の総額は・・・
およそ13万円でした。 詳細の内訳はこちらの記事からご確認ください。


この記事の条件では、レンタルとリフト1日券込みで7.2万円かかっています。ウェア込の道具一式とリフト券×3人だと普通2万円はこえるので、2食付でこの値段なら、相場的には相当安いと言えるでしょう。また、当時は高速道路の早朝夜間割引等もありましたので、朝6時の出発もポイント高いですね。その分、食事等はケチケチせず、子供もスクールでみっちり練習といった感じでお金を使っています。レンタカーということで、雪道慣れしていないのであれば、電車賃のかからない幼児もいることですし、電車という手段もあったかもしれません。特急を使っても所要時間2.5時間で、家族全員で往復2.5万円ですからレンタカーよりも若干安いですね。

 富士見高原は横幅が広く、裾は初心者に優しいスキー場で、キッズパークも充実しています。センターゲレンデの斜度はそこそこですが、滑走距離600mはちょっと中級者には物足りないでしょうか。1日券も3000円台と安く、子供向けにはいいと思います。











PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック