忍者ブログ
伊豆旅行2日目です。


2日目の詳細日程

この日の天候は朝から雨。天気情報で南伊豆のほうは降っていないと知っていたんだけど、伊東や熱海では雨。気温も低く、海水浴という感じではないので、のんびりのスタートでした。

10:30 出発:10時チェックアウトでしたが、だらだらして10時半。
11:00 城ヶ崎海岸 灯台→吊り橋 30分ほどでしたが楽しめました。外国人観光客が多いですね。
12:00 昼食 回転ずしはなまる
13:30 iZoo 小5の長男たっての希望です。このころには雨も上がっていました。
16:00 出発
19:00 自宅着


城ヶ島海岸は、伊豆の観光案内をちらちら見てて立ち寄ろうと突発で決まったスポットですが、予想以上に楽しめますね。吊り橋の高さも23mとほどよい高さで、死ぬほど怖いとかそういったポイントではないのですが、利便性が高くそこそこのスリルを味わいながら短時間で堪能できるスポットです。なによりも、料金無料(笑)


お昼は、回転ずしに行きました。
嫁さんの希望だったのですが、正直な感想を言わせてもらうと「はずれ」でした。
100円寿司ではないのと、伊豆という土地柄で多少は首都圏よりましなものを出すと期待していったので、期待値とのかい離が仇になったかなぁ、と。
普通に美味しいといえば、そうなのですが、コスト考えるといまいちです。今回立ち寄ったのは東伊豆の店舗で、もしかしたら店舗によっても違うかもしれませんね。
リピはありません。



今回の旅行最後のスポットはiZoo。
数年前にリニューアルオープンしたばかりの、爬虫類専門の動物園です。
これがまた。
期待以上に広い。
世界のジャングルに誘ってくれる、爬虫類園となっています。
へびやトカゲはダメという方もいると思いますが、小型のメガネカイマンを手に取ったり、カメに乗ったりできるほか、展示場の隅を愛らしいカメレオンが歩いていたりだとかで、楽しませる工夫も多く、相当苦手な方出ない限り、楽しめると思います。



では費用を纏めましょう

ガソリン代 4000円(走行330Km)
高速代 5300円
昼食(1日目)8500円
海水浴駐車場代 1500円
1日目夜の飲み代 2000円
宿泊費 26500円
昼食(2日目)8200円
iZoo入園料 4000円
写真代 1000円
わさび(おみやげ) 700円


合計 61600円


最近の旅行では、食費が高くなる傾向にあります。
子供たちが1人前食べるようになってきた、という点ももちろん見逃せないのですが、旅先ではおいしいものが食べたい、という要望も旅の楽しみの1つとして高く、食費を節約するという選択肢は受け入れられない雰囲気があります。しかも、時間が限られているので、手早く美味しくとなるとどうしても、レストランで高額な飲食費を支払うところにつながるわけです。このあたりをどう解消するかが、今後の課題といえそうです。



















PR

家族旅行の費用を綴るブログ


夏休みもいよいよ終わり。
 横浜市では、8月28日から学校が始まります。


しばらく更新が滞っていましたが、夏休みの思い出を残していこうと思います。


今年は、8月10日の伊東の宿が取れたので、伊豆旅行に出かけました。
毎年8月10日といえば、伊東は按針祭海の大花火大会が行われる日で、1万発の花火が厚木鮎祭りしかない神奈川県民にとっては、貴重な隣県の大花火大会です。しかしながら、花火大会当日はあいにくの雨。小雨が降ったりやんだりという悪天候の中、花火大会は開催されました。湿度が高く、風がほとんどない状況での花火は、まさに煙に巻かれるといった表現がしっくりくる状況で、結構な数の大輪が煙の向こうで消えていきました。


さて今年は子供たちに家族旅行の計画を作ってもらうことにしました。
宿泊先と日付は決まっているので、主要な海水浴場と、観光地、それから伊豆半島の地図を渡して、移動にかかる時間を記入しました。
子供たちの希望は、西伊豆町の妻良海上アスレチックと谷川浜海水浴場。伊東に泊まるといっているのに、移動に片道1.5時間はかかる西伊豆を1日目と2日目の両方に入れてくるという、ちょっと驚きの提案・・・・。

小5の息子曰く
「これだと泳ぐ時間が1時間しか取れないんだよね・・・・」


いやいや、分かっててなぜその計画になる?


そんなわけで、妻良のアスレチックはとにかく入れることにして、2日目は天候とも相談しつつ1日目の夕方に練り直すことにしました。


全行程
1日目:自宅発(横浜市)8:00→東名沼津、伊豆の国経由→稲取(昼食)→西伊豆町(海水浴)→伊東市(泊)
2日目:伊東市発10:30→城ヶ崎海岸→iZoo→伊豆の国、東名沼津経由→自宅着19:00


1日目詳細行程
自宅発は午前8時。宿泊の準備等も整っていなかったのでこんなものです。
東名は入り口渋滞が多少あるも概ね順調
休憩1回目10:30 伊豆ゲートウェイ函南
伊豆中央道~天城越えもおおむね順調
昼食11:40 東伊豆町稲取 どんぶりや
海水浴13:30 妻良海上アスレチック
西伊豆町発16:30
伊東市着19:00

海上アスレチックはなかなか子供たちにも人気でした。
今回は、到着が遅かったこともあり谷川浜までは(渡し舟は14:00まで)行けませんでしたが、それでも十分楽しめました。また時間を作っていきたいと思います。

それにしても、夕刻の下田市内や135号線は渋滞が続きますね。
まさか、伊東まで3時間近くかかるとは思いませんでした。
次回南伊豆行きの反省点にしたいと思います。






家族旅行の費用を綴るブログ

今回は久々の宿泊です。
日本人の宿泊施設を使った平均外泊日数が2日以下であることを考えると、今季沖縄に続き2回目のホテル泊旅行は、やや贅沢な位置づけかもしれません。
このブログでは、読んでくれた皆さんが「お得に手配することで家族旅行が1泊増える」ことを目的としていますので、筆者である私が年間に2泊3泊していないと、お話にもならないのでありますが。


今回の目的地は初島です。
初島は相模湾に浮かぶ小さな島で、熱海港から船で30分ほどのところにあります。
1周しても4kmほどの島の中に、10件あまりの民宿と2つの大きな宿泊施設を構えるリゾートアイランドとなっています。この時期、島は伊勢エビ漁が解禁となり、魚介グルメを求めて訪れるお客さんが大半かと思います。


我が家では、この10月に結婚15年を迎え、そのお祝いに初島でのディナー&宿泊を計画しましたので、今回の旅行はいつものような節約とは少し趣が変わります。近場(せいぜい車で3時間程度)の1泊でこの値段?!というような価格設定は、あまり参考にならないかもしれませんが、記念日の過ごし方の1例として、ご参考になればと思います。



今回の宿泊地はグランドエクシブ初島クラブです。
こちらのホテルは、バブル期に建築されたホテルを、会員制リゾートクラブであるリゾートトラストが改修、運営している施設です。個人オーナー(入会金400万円~)のほか、契約企業の従業員が利用できますが、一般からの宿泊は募集していません。
たまたま、私の勤務先が契約企業となっていましたので、ありがたく利用することにしました。素泊まりの宿泊料金は意外に安く、4人部屋約75平米で1室13500円。1人あたりにすると3000円強といったところです。なので、ホテルの食事と要求しなければ、特に敷居が高いということはありません。ホテルのレストランは確かに高いです。むやみに高いというよりは、そういう料理を揃えている、といったほうが正しい表現ですね。


で、今回の目的は宿泊というよりは、そのレストランです。
記念日のお祝いに、高級?コース料理をいただきに来て、ついでに泊まる。というのが趣旨です。もちろん、横浜市内のレストランで食事をして、ランドマークタワーに泊まるとかでもいいのですが、島に渡るというのが、非日常間もあり、子供たちも「旅行に来た!」気分になりますので、家族皆で楽しめます。

お目当てのコース料理は、イタリアンの11000円のコース。
アワビ、イセエビ、黒毛和牛に松茸が含まれる贅沢コースです。昔はキャビアとかが出たこともありました。


一方で、島での過ごし方はあまりバリエーションがなく、晴れていればアスレチックなどもあるのですが、天候はたまに小雨の混じる曇り。かろうじて、グラウンドやテニスコートは使えるようでしたので、初日翌日と合わせて3時間半もテニスに興じました。
リゾートにきたつもりが、合宿のようになってしまいました。


島にはホテル以外にも食べるところはあります。
10数件の民宿街には、21軒ほどの食堂もあります。新鮮な魚介が食べられる漁師の店ですが、子供たちは、あまり得意ではないようで、こういった料理は大人ならでは、なのかもしれませんね。


さて、ドキドキの清算といってみましょう。

高速代:2680円
ガソリン代:1700円(往復170km)
乗船券:6200円(大人は富士急優待券で片道900円)
1日目昼食:8600円(回転ずし花まる@湯河原)
宿泊費(1泊2食):51840円
追加のアルコール:10600円
テニスコート:6480円
ジュース、エビせん:720円
2日目昼食:3800円

合計:92620円


8万円台かと思っていましたが、9万円に突っ込んでしまいました。結構飲んだので、それが要因かな、、、。ディズニー1泊2日だと、10万円コースなので、それに近いものがありました。
結構よい旅行になりましたので、また結婚20年の節目に向けて、計画を練っていきたいと思います。

本日は冬休みおすすめの家族旅行と銘打って、こんな直前から予約しても、それなりにコスパの良い宿が取れて、冬も楽しめる旅行先を紹介しようかと思います。

 家族旅行にかかった費用を、暴露しまくっている日々ですが、私のつたない文章を読んでいただいている方って、おそらくお出かけの費用をいかに安く済ませるかを日々考えていらっしゃる方が多いのかと思います。

 

 「冬休みまだ何も計画してないんだよね~。でも、家族がどこか連れて行けと言っていて、とりあえずノープラン!」なんて途方にくれているお父さんにもお勧めです。(笑)


 前置きが長くて申し訳ないのですが、結構個人的には気にしているポイントがありまして、それは、”個人経営のペンションへは、直接予約を!”ということです。はっきり言って、旅行サイトの中間マージンは半端なくて、それがホテル経営を圧迫しているわけです。特に小規模の宿泊施設の収益悪化は、質の低下にかんたんにつながってしまいますので、そういう事態は避けたいな~と思っています。
 こんなことを書いてみるのも、年末年始の繁忙期にもかかわらず、比較的直前でも予約ができて、コストパフォーマンスが良いお宿というのは、ペンションに集中してしまうからなんです。個人経営のペンションは広告露出が少ないですから、トップレベルのペンション以外はあまり知られていないというのが現状です。しかし、平均レベルのペンションであれば、コストパフォーマンスは相当良く、特に夏休みや冬休みといった繁忙期には、閑散期との価格差が小さい点でさらにお得度が増す現状があります。

 直接予約の場合は、多くのペンションでサービスが追加されたり、大手サイトのポイント分以上の値引きがあったりしますので、だまされたと思って試してみてください。



 今回お勧めする旅行先は、”手軽に南国気分を味わえる冬の房総”です。
 冬のこの時期、子供を外で遊ばせるには寒いし、スノーリゾート以外には温泉しかない、なんて思いの方も多いと思いますが、関東地方で避寒といえば、冬の来ないとも言われる房総です。私の住む神奈川からは、概ね100kmほどの移動距離があり、いい感じの旅行気分が味わえます。


・観光など
  定番としては鴨川シーワールド
  この時期必ず行きたいのがイチゴ狩り
  房総ならでは!冬でも花畑に出会える白浜フラワーパーク
  太平洋側では冬に透明度の高い海が出現、勝浦海中観光船

 このあたりで、1泊2日ではもうお腹いっぱいかと思います。天候に左右されるところが大きく、雨が降ると観光船やフラワーパークはイマイチ楽しくないですね。ということで、雨が降った方が予算がかかる!というのが、この旅の特徴です。

<割引情報>
  鴨川シーワールド:クラブオフ、読売ファミリークラブなどで2800円→2400円、グルーポン2800円→2000円
  勝浦海中観光船:インターネット予約割引

<人気のいちご狩りスポット>
  白久農園(富津市)
  ポレポレ農園(君津市)
  たんぽぽ農園 白浜いちご狩りセンター(南房総市)
  近藤いちご園(長生郡一宮町)
  道の駅とみうら枇杷倶楽部(南房総市)


・宿泊場所
  南房総のペンション施設
  鴨川市のペンション施設

 ペンション施設の場合は、全部の施設が楽天やじゃらんなどに登録されている訳ではなく、観光協会など地域の運営するHPで探すのがお勧めです。特に、電話で問い合わせしないと空室が分からない施設は、繁忙期でも予約が取りやすく、お勧めです。
 口コミが分からないと不安という人もいると思いますが、ペンションの場合は個人経営で広告費を掛けられないので、HPはあまり華美でなく、見比べたら大体良し悪しは分かると思います。比較的人気のペンションでもまだまだ空室ありますよ。


 人気ペンションを見分けるHP以外の方法は、google検索を使うことです。Google検索窓に例えば「館山市 ペンション」と入れると、補助入力機能が働いて具体的なペンション名がいくつか表示されます。ここに出てくるのは検索数が多いペンションですので、人気のものが多いです。


・予算
 
 気になる予算です。なにせ年末年始ですから、多少の出費は覚悟しないといけません。
<前提>
大人2人+小学生2人
自家用車移動、移動距離片道100km

交通費:ガソリン代2500円+高速代4000円
宿泊費:34000円(大人10000円、子供7000円、2食付き)
レジャー費:14200円
  いちご狩り7000円
  海中観光船 or 水族館 6000円
  フラワーパーク 1200円
食費:6000円(昼食2回)

合計 60700円

今回は若干レジャー費に高くお金をかけるプランですので、結構高額になっていると思います。ここから
・初日のお昼はお弁当を持参する
・レジャー費を安く抑える
などで5万円くらいまでは抑えられると思います。年末年始であることを考えると、そこそこの金額ではないかと思います。レジャー費を安く抑えたい場合は、フラワーパークのほか、マザー牧場や道の駅を加えていくといいのではないかと思います。ちなみに、マザー牧場でもいちご狩りをやっていてこちらは100g200円の従量制です。例えばスーパーのイチゴパックなら300gほどですので、これで600円。食べる量次第ですが、安くあげることは可能です。


 いかがでしたか?
 5万~6万は安い金額ではありませんが、4人で割れば1泊4食交通費レジャー費込で1.2~1.5万円です。ツアーなんかよりも全然安いのではないでしょうか。是非個人で工夫してみなさんもコスパの高い旅行を計画してくださいね。



家族旅行の費用を綴るブログ

9月の4週目はご近所の友人たち4家族で、テニス合宿に出かけてまいりました。
実は昨年も同じ時期にテニス合宿に行ったんです。その時の記事はこちら

昨年は、山中湖だったんですが、今回は伊豆市は修善寺。
修善寺といえば、昔は有名な温泉地で観光地だった印象もあるんですが、最近では通り過ぎるのみで、目的地として訪れるのは15年ぶりくらいの気がします。とはいえ、今回は修善寺の街並み観光ではなく、あくまで「テニス」。合宿なんですよ。

宿泊地はラフォーレ修善寺。なんとここは、宿泊すればテニスコート無料、体育館使用料無料と、合宿してくださいと言わんばかりの仕様。4家族16人の大所帯も、12人定員のこちらの部屋×2部屋でゆったり過ごすことができました。

そして初日の昼食はちょっといい店を見つけたんです。こちら「修善寺の洋食屋」さん。まぁ、観光地ですから、料金そのものはそれなりにいいお値段で、安いってわけではないんですが、見た目、量、お味、どれも高いレベルで揃っていてコスパはいいと思います。というわけで、1000円越えランチでした。


お天気は、土曜は降ったりやんだり、日曜はそこそこの良いお天気で、死ぬほどテニス漬けどころか、ちょっと消化不良気味だったんですが、よく動いた土日だったと思います。


では旅の詳細です。
参加者:家族4人(大人2人+小学生+幼児)
出発地:横浜市自宅
目的地:伊豆市 ラフォーレ修善寺
行程:(行き)8時出発→東名高速(町田~沼津)→伊豆中央道→修善寺道路→136号 (帰り)136号→東名高速(長泉沼津~町田)→17時着


かかったお金
高速代 4100円
ガソリン代 3000円(往復240km)
初日昼食 4000円 (修善寺の洋食屋)
宿泊費+夕食+朝食 21500円(宿泊費18000円=4×4500円、食事代3500円)
2日目昼食 3505円(バーミヤン)

合計 35105円


1泊2日で3万円台ですから、そこそこのコストだと言えるでしょう。昨年度より、場所は遠くになったので交通費がかかっているのですが、食費が安くなり、トータルでは若干安めに上がりました。近所にお店が少なくスーパーからの持ち込みというのが食費を安くした要因です。
リゾートホテルの場合、多くは食事別ですから、持ち込んでしまえば俄然安くなります。うまく利用したいですね。