忍者ブログ
本稿では、いつもの旅行手配の実情やかかった費用といった、生々しい話ではなくて、最近思っていることを記してみたいと思います。




実は、旅行業への憧れみたいなものがある。
若いころは、ツアーガイドや添乗員という職業選択が頭をよぎったこともある。
しかし、結局旅行業界とは縁がないまま、大学では工学を学び、メーカーで技術開発を生業とする道を選んだ。


家族を旅に連れ出すにあたり、予算に限らず、行き先のバリエーションや現地での楽しみ方など、いろいろ考えながらやってきた。特に、嫁さんは日本の田舎を知らない人だったので、出会ってからはずいぶんと自然と四季を感じる旅にでかけた。1997年に嫁さんになる人と知り合って、今年で20年。11年前には子供ができたので、9年間は2人で、11年間は家族で旅行をした。横浜にも自然は多いが、やはり普段の生活環境はアスファルトで覆われているので、子供たちにも、日本の美しい四季の風景を見せてきた。


ところが最近、目的と手段が入れ替わりつつある。
旅行の手配や計画の工夫は、あくまで家族が楽しみ、自然を知るための手段でありツールであった。はずなのだが、手配そのものが楽しくて仕方がない。ここしばらくは、旅行の計画を立てること、安く遠くへ行く、見たこともないものを見る、初めての体験をする、そういった希少価値の探求が目的化されつつある自分がいる。
一度行って満足度の高かったホテル、美しかったあの場所、そこにもう一度行きたい、2度3度行きたい、という要求が家族にはあるのだが、個人的には完成された旅行プランのトレースは少々つまらない。


たとえ近くても、安くても。
たとえ1日しかなくても。
1生に1度きりの体験をしてもらいたいと思う。それが旅だから。

それを思うようになった時。
家族以外の人の旅行プランを考えたくなった。


旅行プランの立案は、旅人の嗜好や背景を知れば知るほど、複雑で難しくなる。要求値も高まるが、選択肢はそれ以上に多いからだ。本当に満足の行く旅をセッティングするのには、多くの労力がかかる。
一方で、自分が楽しむのにつかる直接経費以外の支出を、許容できる人はとても少ない。

それは、この理想が仕事としては成り立ちにくいことを示している。


旅行会社は、個人が比較的簡単にそこそこの価格で楽しめる旅行を大量に提案し、巧みに手数料を霞めとることで、ビジネスを成立させている。実際のところ、代理店手数料は15%くらいある(20万円の旅行なら3万円くらい)というのが実感だ。


その手数料で、より個人の実情に適った、人生で1度きりの旅を実現するために、私になにができるだろうか。継続性がなければ、ビジネスではない。この思いがビジネスとして実現する日はくるのだろうか。

まだまだ考える日々がつづく。





PR

家族旅行の費用を綴るブログ


今回は、パッケージ商品、いわゆるツアーについて話したいと思います。

 このブログでも、たまに個別手配とツアーはどちらが安いか比較することがありますが、飛行機や新幹線をつかった旅行では、やはりどちらが安くなるか気になるところです。
1円でも安くと思っている人もいれば、そんなに変わらないならツアーのほうが楽だと考える人もいるでしょう。

 差額が小さいのであれば、私もツアーを選びますし、他の方にもツアーをお勧めすると思います。
 ツアーの利点は、手配をやってもらえるから楽、という点が注目されがちですが、実は旅行中のトラブル対応のほうが重要なのです。
 例えば、ホテル側の手違いによるダブルブッキングに対応して、即日別のホテルを押さえるとか、悪天候で飛行機が飛ばなかった時の対応などがそれに当たります。海外では窃盗や紛失の緊急対応などもしてもらえます。つまり、ツアーとは単にまとめて予約するということではなくて、出発から帰着まで、予定通りに行って帰ってきてもらうことを商品としているわけです。この点が、個別手配との大きな違いです。


 とはいえ、国内ではそんなにトラブルがあるとも思えないので、ツアーの保障部分にそれほど大きな金額をかけることは、合理的ではないと思います。個人的には旅行代金の2-3%がせいぜいではないかと思っています。(20万円の旅行に対し5000円くらい)



個別手配とツアーの根本的な違いが分かったところで、旅行にかかる代金という側面から、具体的な比較のために何を見るべきかと、大まかな傾向について書きたいと思います。

★ツアーを個別手配と比較する際に確認する点
・食事の付帯
・ホテルの部屋のグレード
・(航空便の場合)出発時刻による価格変動


 食事については、例えば2連泊だとランチ1回、3連泊だとランチとディナー各1回、というように連泊の際に付帯するケースが多いですね。もちろん、旅館のような形態では、食事つきがデフォルトになるわけで、ホテルとは状況が少し違います。食事代は旅行中どうしても必要な経費ですし、ホテルで食事をとることができると、無駄な移動を省くこともできますので、結構ありがたいものです。
 ただ、ホテル以外で少し安く済ませようと思っている方にとっては、無駄なオプションということも言えると思います。
 その際確認しておきたいのは、このオプションがツアー独自のものではなく、そのホテルの基本プランに付帯したものではないか、という点です。もし、ホテルの基本プランに付帯したものであれば、直接ホテルの予約サイトから予約して(つまりバラバラで取っても)この食事オプションはもらえるわけですから、ツアーの利点としてはカウントできません。


 ホテルの部屋のグレードは、オーシャンビュー、パークビュー、マウンテンビュー、上層階、下層階など景観を訴えるもののほか、部屋の面積が広い、キャラクターなどのテーマがある、VIPフロアにある、などなど様々な選択肢があるものですが、ツアーの場合はすべての部屋を自由に選べるわけではなく、指定されたいくつかのグレードしか選べないケースが多いです。

 例えば、スタンダードツイン(22平米)とスーペリアツイン(28平米)が用意されているホテルで、ツアーではスーペリアしか準備がないという場合は、よくあります。このとき、スーペリアの部屋同士で比較すればツアーのほうが安いけれど、個別に手配したらスタンダードの部屋が選べるので旅行の総額は安くなる、ということは普通にあり得ます。セットで安くなる点ばかりに目が行ってしまうと、選択肢を狭めてしまうのことにもなりますので、注意が必要な事例です。


 最後は航空便の時間指定に関する注意。
 ツアーで大きな割引が期待できる理由は、この交通機関の割引が大きいことによるものです。そのため多くのツアーでは、比較的空席の多い時間帯が基本のプランとなっており、午前中出発便や夕方の帰着便は追加料金が必要となります。航空便の時間指定による追加料金は、大人子供の区別もないので、たとえば行き帰り2000円/1人追加で、家族4人だとすると、2000円×4人×往復=16000円の追加、3000円なら24000円追加と破壊力は抜群です。格安航空券でなく、航空会社の早割などの航空券であれば、出発時間の違いによる値段の違いはほとんどありませんので、人気の時間帯を利用する場合、ツアーは大変不利になってしまいます。


ツアーに求めるものは、催行保証とチケット手配の利便性
航空便の時間が重要な場合は、個別手配が有利

家族旅行の費用を綴るブログ

ここ1か月ほど、どこにも出かけていない・・・
 レジャー的なことをやってないわけではないのですが、子供の運動会や近所でバーベキューをやったりと、少しお出かけから遠ざかった日々を送っていました。
そんなわけで、更新もほんと久しぶりですね。

・・・すみません、ただのいいわけです。

さて、前回は旅行の日程をどのように決めるかという話をしました。
次のステップはホテルの選定です。
このブログでも、ディズニー周辺とか、沖縄とか、個人的に比較検討したことがある地域・時期に関しては記事にしてまいりました。こういった格安ホテルですが、一体どうやって探すのか、というのが本日のお題。

本当のスタートは、そうですね。まずは地図を眺めるところからです。
ガイドブックなどがあるとさらに助けになります。

例えばディズニー周辺なら、まずはTDR内。舞浜駅周辺でもいいし、旅行サイトによっては東京ディズニーリゾートのカテゴリが設けられていたりします。次にパートナーホテルのある新浦安。葛西駅周辺。京葉線沿い。というように少しずつ枠を広げていくわけです。当然、千葉側東京側両方に広げなくてはいけません。

ところが、一般的な旅行検索サイト、たとえばじゃらんとかだと、宿泊地は地域ごととなります。千葉と浦安と江戸川と台場を同時に一覧で表示することはできず、1つ1つ見ていかなくてはいけない仕組みになっています。なので、自分の目的に見合った宿泊場所がどのような位置に分散しているかをきちんと把握する。これが第一歩になります。


宿泊場所を決めるポイントはいくつかありますが、やはり一番は交通の便。
目的地に程よく近いかどうか、高速道路や空港からのアクセスはどのくらいか、が第一で、次に周囲に食事をする場所が十分に確保されているかというのが第二だと思っています。食事は旅の楽しみの1つでもあり、それなりに大きなホテルであれば、当然レストランもついているのですが、ホテルのレストランは必ずしもコストパフォーマンスが良いとは限りません。(もちろん、食事を目的に宿泊するホテルというのもありますが)特に子供がいる場合は、近隣にファミレス、コンビニ、居酒屋などのラインナップが揃っていると相当安心感があります。


宿泊するだいたいの場所を決める。→検索をかける。→価格順にソート。→目ぼしいホテルの駅や繁華街との位置関係を確認する。→選定。

まぁ、こんな感じです。
比較的選択肢が多い場所でも、1-2時間もあればホテルリストが完成します。

ところで、検索する際の注意ですが、ポイントはとりあえず日程を入れてみることです。「日程未定」だと、行きたい日とは全然違う日のバーゲン価格が出てきてしまうので、注意が必要です。


格安ホテル探しは場所選定が重要。
目的地にミートする場所をくまなく検索しよう。





家族旅行の費用を綴るブログ

今週末は、横浜のこどもの国に行ったのですが、目的はテニスで・・・
子供たちも遊ばせてあげようかと思ったのですが、あまりの暑さにテニスだけで帰って来ちゃいました。

さて、夏休みの終わった今の時期は、次の旅行について心躍る時期でもあります。
これから紅葉を迎え、お彼岸が過ぎて気温が下がってくると、どこに行くにも気持ちの良い季節になります。そして、冬のスキーシーズン。四季折々の楽しみがあるこの国では、いつの時期も遊びに事欠くことはありません。

秋の連休、冬休み、そして気の早い方は来年の春休みの準備を始めるころでもあります。
格安旅行を手配するにあたって、まずはじめにやることは何でしょうか?



1.出発日の決定
2.ホテルの確保


です。
とにかく出発日が決まらないと、当然お話しにもならないわけですが、1週間ずれるのは許容できるとか、数日ずれても大丈夫とか、そのくらいの自由度はあるものです。なので、その範囲で安いところ・・・というのが、大方の意見とは思いますが。

出発候補日が5日
泊まってみたい候補のホテルが6か所

5×6=30 通りのプランが出てきます。


30ものパターンを検証するのって、相当慣れた人でないと、かなり時間がかかってしまい、心が折れてしまいます。
しかも!
これに、ツアー3通り+個人手配ネット経由3通り とかなると ×6 なわけですね。
30×6=180
さすがの私も180通りのツアープランを比較するなんて、ちょっと無理です。

そういう時は、やはりざっくりとした方法で時期を決める手順が必要です。
便利なのは、インターネット予約サイトの「カレンダー表示」です。
カレンダー表示とはその名のとおり、カレンダーを表示し、その上に空席(空室)の有無と値段を表示したもので、目的地は決まっているけど、日程は安い時期を選べる自由度があるときに使います。

ホテルの単独予約だと、おすすめするのはじゃらんの予約サイトです。
このサイトの特徴は、1か月のカレンダーに料金と空室の有無が表示されるのですが、すでに満室の日もいくらだったのか料金が表示される、という点です。
多くのサイトでは、満室の場合は料金が表示されません。その点、じゃらんは満室の日の料金もわかるため、いつが安くいつが高いかが、一目瞭然です。

このようなカレンダー表示の予約サイトを確認して、例えば10月なら何週目がいいのか、10月と11月ではどちらが安いのかを見積もり、旅程を決定するわけです。



まとめ

格安旅行のスタートは出発日を決定するところから。
お得な日を選定するには、カレンダー表示の予約サイトを活用しよう。

このブログは、私や皆さまの実体験をベースに、旅行にかかったリアルなお金を明らかにしていく、といったコンセプトでやっておりますが、たまには安く旅行を手配するやり方やコツみたいなものも紹介していきたいと思います。


今日のお題は、
「格安旅行は激安旅行とはちがう」


 旅行でもなんでもそうですが、インターネットで”激安”とつけていろんなものを検索すると、安さを売りにしている商品が次々と出てきます。ホテル予約や航空券など旅行に関しても同じで、激安のパックツアーやバーゲン価格の航空券など、たくさんの商品を目にすることができます。正直、この”激安”というキーワードは、安売り専門の販売会社の広告がたくさん表示されるため、ブログなどで激安の紹介をしても、上位にヒットすることはほとんどありません。それほどこの”激安”というキーワードはたくさんの商品に紐づけられていると言えます。

 さて、”激安”旅行と言ったとき、皆さんは何をイメージするでしょうか?LCCのバーゲン価格の航空券ですか?確かにそうですね。2000円から3000円といった価格で、全国の主要都市をつなぐわけですから激安です。HISの期間限定バーゲンツアーでしょうか?韓国など近場の海外に2万円から行ける、これも激安です。これだけ安いわけですから、もちろん予約は殺到して、予約したくてもできなかった、という経験をお持ちの方も少なくないと思います。これって、よく考えると不思議ですよね。予約したくてもできないほどの人気なのに、なぜいつも発売数が少ないのでしょうか?儲けが少ないから?それも理由の1つですが、たくさん売れるのであれば1件1件の利益が少なくても結局は儲かるので、たくさん売ったほうがいいに決まっています。ではなぜ?理由は、それほどたくさん売れないからです。

 実際のところ、激安ツアーを使うことができる人、というのがかなり限られています。なぜなら、激安には激安なりの理由があるからなのです。その理由こそが、激安ツアーがメジャーにならない理由なのです。
 例えば、成田空港発着の格安航空会社。千葉県の人にとって成田空港は便利ですが、神奈川県の人にとってはそうではありません。世田谷区、港区、品川区、大田区、そして神奈川県のひとにとって、成田空港は羽田空港よりも1.5~2時間遠い場所にあります。飛行機でしか行けない沖縄ならまだしも、福岡なら新幹線でも4時間半。飛行機は事前チェックインなどの時間も考慮すると2時間と少し。成田までの移動時間を加算すると新幹線とほとんど変わらない時間です。しかも地上の交通費を考えるとそれほど安くもないし、LCCの場合は遅延のリスクが高くなります。

 LCCを例にとりましたが、激安のコンセプトは「不便でお客さんがつかない旅行商品を安く売る」ということです。あなたは、貴重な数日のお休みを、いくらで売りますか?


 一方で格安とは、便利さや豪華さが同格のものの中で安いもの、ということです。おそらく、多くの人の求めているものは、これになると思います。ある一定の品質を備えているわけですから、すべての商品の中で最も安い、ということにはなりません。


 では、格安の旅行商品を買う(敢えてこういう表現をします)には、どうすればいいのでしょうか?それは、手配と調査に手間をかけることです。
 格安商品というのは、人知れず隠れています。表に出て人気になると、売る側ももっと高く売れると思い、次から値段があがります。そうすると格安ではなくなってしまうわけです。数十軒のホテル、数十日の候補日、数か所の目的地、いくつかの移動手段。これらを組み合わせると数百通りにもなりますが、これらを丹念に比較していくのが、格安の旅行にたどり着く、唯一の方法です。これにより、特に理由はないけど、たまたまお客さんがいない日のたまたま空室の多いホテルを探し当てることにつながり、バーゲン価格で手に入れることができるのです。


 この答えは、みなさんの求めていたものとは違うと思います。もっとなにか攻略法のようなものがあって、ある本を見たり、あるホームページを確認したら、あっと驚くプランがそこにはある、と思われていた方もいるのではないでしょうか。
 でも、そうではないんです。
 いつの時代も、こういう地道な作業が、結局は得をするようになっているのです。


格安旅行は、地道な比較調査で探し当てよう!