忍者ブログ
家族旅行の費用を綴るブログ


4月になりました。
春休みも終わり、新学期もスタートを切ったところです。
これから仕事に勉強にちょっと気合の入る時期でもあるのですが、だからこそ4月は家族で遊びに行くのに穴場的な季節になっているのも確かです。
この時期、GW前までは遊びに行くところも結構空いています。ディズニーリゾートも年間で最も空いている時期です。そして、最もお勧めしたい、この時期の季節のイベントが潮干狩りです。人口の多い関東地区では、乱獲によってあさりの数も減り、埋め立て等によって砂浜も減ったため、人工の砂浜に稚貝を放流し、入場料をとって潮干狩りをするのが当たり前ですが、地方に行けば近くの海岸であさりを掘るのは、ごく当たり前だと思います。

そんな中、神奈川県にも無料で潮干狩りを楽しめるスポットがあります。
横浜市海の公園
東扇島かわさきの浜
の2か所です。

海の公園は、ずいぶん前に稚貝を放流したら、あさりが繁殖して定着したようで、近年では横浜市民のよく知る潮干狩り場になっています。
かわさきの浜は、つい数年前にあさりが十分に増えたということで、潮干狩りが解禁になりました。
いずれも、無料ということもあり、GWの休日にはすごい数の人が訪れます。
潮汐表によると、今年は4月15日または4月29日の土曜が、休日としては比較的潮干狩りをしやすい日になっているようです。未就学児などで、休日を気にしなくてもよいご家庭は、この前日の金曜日が特に良いと思います。


普段なら、我が家が出かけてから、かかった費用を報告するのですが、今日は予定を書いてみようと思います。シーズンを過ぎてしまうとせっかくこのブログを読んでいただいた方も情報が活用ませんからね。


まず、必要なのは道具です。




これは貝とりジョレンと呼ばれる道具で、くまでのような金属の爪の横に網がかかっていて、大きいあさりだけをこしとることができます。
これ、超便利です!

で、ステンレス製だとちょっと高くて、小さいもので1500円くらいから、2本セットだと4000円とかです。基本的に子供は小さいプラスチック製の砂遊びセットでOKで、大人がこれ使ってガシガシあさりを収穫します。最終的にそれなりの量が確保できていれば、大人も子供も満足なので、何本も道具は必要ありません。


しかし、年に1回の潮干狩りのために、1000円以上の道具ももったいない、という意見ももっともです。そう言う方には、こんな道具があります。



網付きくまで。これは、だいたい300円~500円くらいで売っています。
ただ、ひとかきでとれる量が少ないので、効率が悪く、網を併用するのがいいと思います。




通販などでは200円前後で売っていますが、100均にもありますし、お子さんが持っている砂遊びセットの網の袋で十分です。幼稚園や子供会のイベントなどでもらったものが、何かしら自宅にあるのではないでしょうか?



4月の日差しはあまり強くはないですが、海岸にはたくさんのサンシェードが並んでいます。
私はシートだけでもいいと思いますけどね。



これは2500円くらいですが、売れ筋は5000円くらいのもののようです。



さて、今年の4月の大潮の時期の東京湾の干潮時刻はおよそお昼頃。
潮干狩りの最中に、当然お昼ご飯、という話になりますので、お弁当は必須です。


持ち物
かいほりの道具
シートまたはサンシェード
バケツまたはクーラーボックス
お弁当
着替え


着替えは絶対あった方がよいです。
子供は下は水着でもよいと思います。
大人も調子に乗って、ひざ上くらい水があるところまで行っちゃうと思うので、パンツとズボンの替えは持っていきましょう。


横浜市の海の公園は、公共交通機関で行くことができます。
JR新杉田駅または京浜急行金沢八景駅から、金沢シーサイドラインに乗って海の公園駅で下車します。駅は公園内にあり、潮干狩りができる海岸までは徒歩3分です。

駐車場は相当混みますが、それなりの台数が停まれます。
料金は1時間310円、12時間まで上限額1550円です。
4時間を越える場合は、八景島の駐車場が1200円/日なので、こちらの方が安くなります。朝9時から行って13時まで居て4時間なので、八景島に停めた方が大抵はお得になると思いますが、八景島からだと、10分くらい歩きます。小さいお子さんがいる家庭は、直ぐ帰る可能性もありますし、時間貸しで近い方がいいかもしれませんね。



ではまとめます。

かいほりの道具 500円~
お弁当(家族4人分) 2000円
駐車場 1200円

+交通費(ガソリン代、高速代)

となり、近隣の方ならだいたい5000円くらいの予算で1日楽しめる、というイメージです。
季節のイベントとして、お近くの海岸での潮干狩りを是非ご検討ください。


































PR

家族旅行の費用を綴るブログ


少し日が経ちますが、先週の日曜にどんと焼きがあったので、行ってきました。
地域によって違いますが、お正月に飾ったものとか、そういったものを焚き上げるイベントです。私の住んでいる地域は、私のように最近マンションができてから移り住んできた人もいれば、親子3代この土地に住んでいる、という人もいる土地柄で、結構お年寄りも多いです。

以前にも、地域の運動会や芋ほりなどのイベントを記事にしましたが、自治会費と区の補助、それから地域の皆さんの寄付で成り立っている地元地域の活動は、我々のような新参者にとっては、とてもありがたいイベントです。

ほとんどただでいろんなものを食べたり飲んだりできるし、地域の人とのつながりもできます。
子供たちもそとあそびができますし、季節の移り変わりを見て、いろんな経験をすることができます。おじいちゃんが子供たちに、餅つきのやり方や、食べられる草の種類などを教えている、懐かしい風景が、今この地域ではそのまま生きています。

30代40代はまだまだ新入りで、50代でも若手、一人前になるのは60を過ぎてから。そういった空気はありますね。地域のイベントに参加して、お金を払うことはほとんどないのですが、やはり肉体労働は若い人の仕事です。
お世話になった分は、当面の間、体で返して行こうと思います。





家族旅行の費用を綴るブログ

本日は横須賀市で展示されている記念艦「三笠」の見学に行って参りました。
世の中は既に始まっているというにもかかわらず、まだまだ正月休みを謳歌しております。(どうもすみません・・・m(__)m)

3が日と3連休の合間ということで、本日は平日の扱い。
三笠公園は海からの強風で、人もまばら。三笠はこの公園内にあります。
そもそも、戦艦三笠はいつの時代のものなのか?
この艦は、日清戦争の後で作られ、日露戦争で活躍したと言えばピンと来る方もいらっしゃるかと思います。今からおよそ110年前の日露戦争で、有名なロシアのバルチック艦隊を日本の連合艦隊が破った日本海海戦で旗艦を務めた戦艦です。太平洋戦争よりもずっと前の艦で、1920年に退役しているだけのことはあり、なかなかに古さがにじみ出ています。
戦艦と言いつつ、その大きさも全長131m、排水量もおよそ15000トンと、後の世の重巡に近いサイズですが30cmの主砲がこの艦を戦艦たらしめています。最大の戦艦大和がこの4倍のサイズで46cm砲を積んでいたことを思うと、40年間の進歩がうかがえますね。


さて、この戦艦、入場料を払えば内部を見学することができます。上甲板とその1層下、そして艦橋までが見学コースでじっくり回って1時間というところでしょうか。日露戦争における日本軍勝利の記録に、子供たちも思うところがあったようです。近年ではオリンピックやワールドカップなどで国別で争いますので、日本を応援したい気持ちは重なるみたいです。


ついでに、よこすかポートマーケットに行って来ようと思ったのですが、1月6日までお正月休みでしたので、こちらはまた次の機会に。


かかった費用
ガソリン代:600円(片道30km)
駐車場代:900円
高速道路代:1690円
記念艦三笠入場料:1000円(リロクラブ割引)
昼食代:3700円


合計 7890円


お昼に回転ずしに寄ったのが出費の半分を占めていますが、どうしても出かけると外食になってしまうので、満足感を得つつ安く上げるにはどうするか、考えていかないといけませんね。やはりポートマーケットが閉まっていたのが痛かったなぁ。







明けましておめでとうございます。


一昨年に比べて投稿件数が半分くらいになり、2016年は53稿しか上がりませんでした。
目標の500稿まであと330です。
そんなわけで本ブログのPVもだいぶ減りまして、多い月は5000PVくらいあったのに、最近は月間で1000PVしかない時もあるというヘタレぶり。それでも読んでくださる方がいる以上、根気強く役に立つネタを公開していきたいと思います。


今年もお正月は1日から初詣に出かけました。
我が家では、元旦からようやく年賀状に着手するという最近のルーチンでして、お正月のゆったりとした空気の中で、昨年それから古い友人に思いを馳せつつ、年賀状を書いていきます。
ということなので初詣もちょっと行ってすぐ帰ってくる、という感じで寄り道や延長はありません。

今年の初詣は東京都目黒区の「祐天寺」です。
境内は大きくなく、人出もそこそこ。
寂しすぎず、混み過ぎず、いい感じなのですが、大きな神社の初詣をイメージするとちょっと物足りないのかもしれません。
家族4人でおみくじを引いて、線香をあげて帰ってきました。


かかった費用
おみくじ400円(100円×4人)
線香100円

合計 500円


嫁の実家から徒歩なので、交通費もかかりません。
おみくじには焦燥に注意と書かれていました。小吉です。

堅実な1年にしていきたいと思います。
旅行ブログを書くようになって、今年は旅行業務取扱管理者でも取ろうかなぁと思い始めました。

今年も1年よろしくお願いします。






家族旅行の費用を綴るブログ

お盆休みの期間を利用して江の島に行ってきました。
今、江の島は話題のpokemon GOの聖地になっていて、たくさんのポケモントレーナーの皆さまが集まっておられます。我が家もポケモンを捕獲しつつ、久々の江の島散策です。

江の島の青銅の鳥居からはじまって、辺津宮、中津宮、奥津宮から稚児が淵、さらには岩屋に至る一般的な散策コースです。往復で約3時間半、7000歩ほどの散策でした。

この日は既に北に抜けた台風の影響でかなりの強い風が吹いており、稚児ヶ淵などはすごい風と波でとても下に降りることはできず、遊覧船も営業中止という状態でした。また、これも海の姿ということで、自然を感じることができたと思います。






行きがかなり道が混んでいて、江の島入りが14時近くになったため、帰りもすっかり遅くなってしまいました。帰りに夕食まで取らざるを得なかったのはちょっと計算違いだったかもしれませんね。

出発:横浜市内自宅 11:30
帰宅:横浜市内自宅 20:00

かかった費用
ガソリン代:700円(片道35km)
高速代:800円
駐車場代:2000円(藤沢市観光協会P @400×5hr)
昼食:湘南バーガー3200円
おやつ:アイス500円
夕食:すきや2200円

合計 9400円


江の島の駐車場は島内に3つあり、藤沢市観光協会のものが時間400円、それ以外は520円です。しかし、4~5時間以上になると、高いところでも上限金額が設定されていますので、2000円くらいで頭打ちになります。短時間なら観光協会のPに、長時間ならどこでもよいということですね。