忍者ブログ
家族旅行の費用を綴るブログ

今回は、休日の午後を利用して、ちょっとしたお出かけです。
宮ヶ瀬湖は神奈川県の北部に位置するダム湖の1つで、周辺には津久井湖や相模湖もあり、この一帯は神奈川県の水がめとなっています。

自宅のある横浜市からは、これはで国道16号と413号を使って下道で行くしかなかったのですが、昨年圏央道が開通し、相模原地域へのアクセスが非常に楽になりました。宮ヶ瀬湖も圏央道相模原ICから、わずか15分程度です。


宮ヶ瀬湖には、このあたりでは最大級の宮ヶ瀬ダムと、整備された公園があります。今回は、湖畔園地とダムを回ってみました。


出発地:自宅(横浜市)
目的地:宮ヶ瀬湖畔園地、宮ヶ瀬ダム
出発時刻:12:00
帰宅時刻:18:00

自宅から園地までは65kmほどありますが、高速道路を使いますので、所要時間は1時間ほど。思ったよりも近いです。
湖畔園地の入り口はいくつかの茶店(カフェ?)レストラン、みやげ物やなどが並び、わりと賑やかな感じです。GWもあけたあとの土日ということもあって、観光客はまばら。
園地には、広い芝生の広場や大つり橋、観光遊覧船、せせらぎ、バーベキュー場などがあります。バーベキューなどやるなら、1日遊べそうな感じですね。広さは1周2kmくらいの、中くらいの公園です。


全長315mの大つり橋は、怖いかと思いましたが、意外としっかりしていて、高さも低いため、スリルはそんなにありません。
1時間ほど散歩をして、ソフトクリーム(なんと16種類もフレーバーがある!)を食べました。


園地から車で3分ほどのところに、宮ヶ瀬ダムがあります。
「水とエネルギー館」という資料館があり、ダム上からダム下に下りることができます。高さ156mのダムはダムとしてはすごく大きいというわけではないのですが、間近で見ると迫力があります。公園よりも面白いのではないでしょうか。


帰りにあげぱんで話題のオギノパンに寄って帰りました。


かかった費用
ガソリン代:1300円(130km)
高速道路:2980円
駐車場:300円
ソフトクリーム:500円
オギノパン:2000円

合計:7080円
PR

家族旅行の費用を綴るブログ

今日から3月です。
春の暖かさを感じられる日も少しずつ増えてきました。
今日の関東地方は最高気温で1桁と寒いほうの1日になりましたが、梅の花や場所によってはこぶしなども咲き始めています。

家族旅行、特にお出かけで子供たちに知ってほしいことの1つとして、日本の季節の移ろいがあります。もちろん、普段の学校生活、家庭生活の中にも季節を感じられる出来事はたくさんあるわけですが、その季節ならではのイベントに参加してみるのも、四季のある日本らしい過ごし方ではないかと思います。


今回は私の住所が横浜市というだけの理由で、横浜市のお花見スポットを紹介していきます。
ポイントは、
・駅が近い、または駐車場があること。
・お金が余りかからないこと(このブログの趣旨でもある)
・宴会がやたらうるさくないこと。
・座ってお弁当などが食べれること。
・広場や遊具があり、子供が遊べる場所であること。

まぁ、こんなところですね。意外にこの条件って厳しいんですよ。


・県立三ッ池公園
日本の桜の名所100選にも選ばれる公園。ただの広い公園かと思っていたら、すごいスポットが横浜にはあるんですね。

・根岸森林公園
こちらも約300本の桜があるといわれている、横浜市が誇る桜の公園。

・富岡総合公園
公園の中を公道が走っていて、ちょっと変わった形をしている公園。すごく広いスペースがないせいか家族率が非常に高い。



上の3つは、駅から遠く車やバスがメインになるスポット。そのため宴会をやる人は比較的少ないです。


・鶴見川河川敷(鴨居駅付近)
鶴見川河川敷には源流から河口まであちこちに桜があるのですが、このあたりは河川敷で子供が遊んだりバーベキューをしたりできます。

・こどもの国
こどもの国にも桜のスポットがあります。入園料がかかってしまうのが難点ですが、子供が1日遊べるという点においてはぴか一です。

・こども自然公園(南万騎が原)
こちらはバーベキュー場も設置された大型公園。背の高いちょっと変わった桜ですが、空が桜色に染まる風景もなかなか面白いです。

・みなとみらい地区
みなとみらい地区には複数の桜スポットがあります。新港パーク(カップヌードルミュージアムパーク)や汽車道などは特に見ごたえがあります。

上記は電車でもいけるスポット。景観を気にする地域だったり、子供向け施設だったりすることで、やはりマナーの悪い宴会客は少ないといえます。


他にも、横浜市内にはたくさんの公園があり、桜の木は比較的メジャーですから、いろんなところで見ることができると思います。
お弁当とレジャーシートを持ってでかけてみてはいかがでしょうか?

家族旅行の費用を綴るブログ

隙間時間にちょこっと子供と遊ぶなら、プールと言っても格安の市民プールでしょ。
・・・というのが普通の感覚ですが。


本当は子供のスイミングの特訓?に行こうと思ったんです。
しかし、下の子が「流れるプール行きたい~!!」と要求を取り下げないので、そういった流れになりました。弱い親です。


今回は、地元横浜市内の「日産ウォーターパーク」に行ってまいりました。
横浜市にはもう1つ「ふれーゆ」という施設もあって、ここは流れるプールだけでなく、温浴施設も併設されています。が、こっちは単価が高いのと、単純に自宅から遠いので。


日産ウォーターパークは、サッカーでおなじみ日産スタジアム併設のプール施設です。
マリノスのホームなんで、日産を冠していますが、なぜかトヨタカップの決勝はここ(笑)

それはさておき、こちらのプール、入場料500円で、19種類のスパと、スライダー、流れるプールが体験できる施設となっています。幼児用プールや、練習用に15mほどの四角いプールもあります。プールゾーンだけでなく、スパも帽子着用です。ハイ。



でも、入場料500円は、1時間の料金なんですよね・・。
着替え時間も含めて1時間なので、大抵は延長料金ってことになります。
延長は30分ごとに200円です。



そして、今回も例にもれず延長となりました。
いやいや、着替え込み60分とか、無理だって!
体育の授業じゃないんだから。

そんなわけで、本日の支出は以下の通り。


ガソリン代:100円(12km)
駐車場:400円
プール入場券:2100円
昼食:1600円

合計:4200円


昨年のサマーランドでも1万円は切っていたような気がするので、なんだか損した気分・・。
でも、隙間時間をうまく使ったということで、良しとしましょう。

ところで、新横浜公園の駐車場ですが、スタジアムの1階に狭い駐車場があって、そこは20分100円。地下の第2駐車場は2時間400円で、以後30分ごとに100円。第2の方が安いんだけど、30分でも2時間の料金が取られるので注意。1時間以上止めるなら、地下へどうぞ。

家族旅行の費用を綴るブログ

福岡への年末の帰省も元旦を迎え最終日となりました。
今年(去年?)の年越しは、子供のころのように夜更かしをするでもなく、学生のころのように2年参りをするでもなく、穏やかに自宅で過ごしました。
最近は、福岡に帰省しなければ、妻の実家でやはり行く年来る年を見ているうちに、日が変わる、という感じでどこにいても変わりません。

翌朝は、初日の出を見ることもなく、普通に朝7時過ぎにおきて、いつもの朝ごはんのようにお雑煮を戴く元旦の朝。盆だろうと正月だろうと、生活のリズムを守るのが大事です。



さて、福岡最終日のおでかけは、公園・・・ではなく、福岡3社の1つ、宮地嶽神社です。
宮地嶽さんは商売繁盛の招き猫で有名な神社で、ご祭神は神功皇后です。
・・・ずいぶんと簡単な説明で、恐縮です。

元旦とはいえ、午前中の神社は比較的空いていました。
参拝者の列もお手水のあたりまでで、15分ほど待って参拝。今回は5円玉を大量に準備してきましたので、がしゃがしゃと探すような慌しい場面もなく、スムーズに進みました。
今年もいろいろと出かけると思いますが、準備を怠らずに混雑を避けてスマートにやれそうな1年のスタートです。


神社の楽しみといえば、もちろんおみくじ。
あんまり信じているわけでもないんですが、気持ちは昂ぶります。
結果
お兄ちゃん・・末吉
弟くん・・・大吉
妻・・・中吉
私・・・末吉
でした。

上の子はなんだか荒れてましたが(笑)、私も上の子も末吉ということで、気を緩ませずしっかりやれってことでしょうね。神様は見ていらっしゃいます。

旅行は可、商売・金銭は悪くないみたいで、末吉でも内容はそう悪くなかったですよ。


久々に破魔矢を買って帰ることにしました。
もう5年くらい飾ってある松蔭神社の破魔矢と交換ですね。


子供たちはお守り。なんと下の子は金運のお守りを熱心に選別していました。上の子は真っ先に学業成就。小3ですが、そんなに心配なんですかねぇ。



神社自体はなんてことのないスポットですが、垣間見る人間ドラマは面白いです。



午後。
飛行機の出発は17時15分なので、まだ時間はあったのですが、15時過ぎには空港に到着。福岡空港のお土産やさんを舐めるように見て回りました。
大抵、空港には出発の30分前くらいにしか着かないのがいつものことなので、みやげ物やを見て歩くなんてまたしばらくはないでしょうね。

4日間の福岡滞在もあっという間でした。
子供たちはもまたジジババとしばしのお別れです。
飛行機は、毎年の沖縄でもう慣れたものですから、福岡ー羽田はあっという間でした。
時間も時間なので、お弁当を買って乗りましたが、子供たちは食べもせずゲームに熱中・・・。お昼も遅かったので、おなかも空いていないのでしょうけど。

福岡空港のお弁当屋さん。今回利用したのは、博多いもっ子屋福岡空港店さんです。安くてうまい普通のお弁当屋さんです。空港だと空弁とか言ってちょっと高級な食材の入った(でもあんまりおいしくない)1000円くらいのお弁当をイメージするんですが、本当に普通すぎるお弁当屋さんです。
特別感はないんですが、お財布にはとてもやさしいと思います。

なにせ、行きの新幹線の弁当がひどかっただけに、ずいぶんとおいしく感じましたよ。



では、本日の費用を整理しましょう。

ガソリン代:300円(30km)
賽銭:235円
破魔矢、おみくじ:3400円
松ヶ枝餅:600円
お昼ごはん(うどん):1600円
ばんごはん(弁当):1800円
航空券:61000円

合計:68935円


航空券代以外で2食ついて8000円は、お出かけデーとしては安いほうですね。
今年も1年、お得な旅行が提案していけたらいいなと思います。


家族旅行の費用を綴るブログ


福岡への帰省、3日目です。
この日は2015年の大みそか。福岡県地方は、朝から雨でした。
そんなわけで、午前中はお土産を探しに近くのイオンモールへ。


酒飲みの友人が多い我が家は、せっかく九州に行ったのならばと焼酎を2本。
生まれ育った地ではあるのですが、学生のころまでしか福岡に住んでおらず、社会人になってからは関東と東北で過ごしていましたので、九州のお酒の銘柄は全く分かりません。
結局、聞いたこともない銘柄を2本チョイス。

お土産と言えば、お菓子は定番。
福岡には筑豊炭田という大きな炭鉱があったため、当時の労働者が求めた甘いものを作る人たちがたくさんのお菓子屋さんを創業しました。有名なのは銘菓「ひよ子」。早くから関東に工場を建てて「東京ひよ子」として売ったため、東京土産と思っている人も多いですが、元は福岡県にあるひよ子本舗吉野堂さんなのです。福岡県には、にわかせんぺいの東雲堂や博多通りもんで大ブレイクした明月堂、そのほか黒田五十二萬国如水庵、さかえ屋、ホワイトデーにマシュマロを売り始めた石村萬盛堂、などなど、挙げ始めるときりがないほどたくさんのお菓子屋さんがあるんです。もちのおまつり本舗もち吉もそうですね。

で、今回のチョイスは、「チロリアン」
千鳥饅頭でおなじみの創業1630年千鳥屋さんの西洋まきせんべいです。実は佐賀県の松月堂というのが発祥で、千鳥屋になったのは昭和27年。この時福岡に来ました。その後昭和39年に東京千鳥屋(今の千鳥屋総本家)、昭和48年に大阪千鳥屋(今の千鳥屋宗家)など、全国に広がっていきました。だから、今ではチロリアンも福岡のお菓子ではないんですね。

今日の一品
「チロリアン 塩キャラメル・ショコラ」のセット

ググっても画像しか出ない。。。


これ、福岡県の千鳥屋の店舗のみで販売みたいで、空港にも売ってませんでした。通販も見つからず。そういう商品ってあるんですね。
ちなみに、会社用チロリアンお得セットは44本入り1000円♡ 空港価格は28本入り1000円なので、是非スーパーでお買い求めください。



と、お菓子話に花が咲いてしまいましたが、昼からは晴れて虹がかかりました。

そんなわけで、子供たちとご先祖様の墓参りに。
何年ぶりだろう、このお墓。
町営の霊園ですが、きれいに整備されておりました。



高台の上はとても良い景色でした。


かかったお金
ガソリン代:500円(イオンモール&お墓 往復50km)
お土産
お酒:2000円
お菓子:4000円
明太子:6000円

合計 12500円


いよいよ明日はお正月。
そして福岡も最終日です。


続きます。