忍者ブログ
家族旅行の費用を綴るブログ


9月に入り、朝晩はすっかり涼しくなりました。
関東では日中も30度を越えたり超えなかったりで、あまり残暑は厳しくない雰囲気です。


さて、夏休みの思い出、次の話題はキャンプです。
「夏といえばキャンプ」というイメージは、世の中的にはあるものの、大変つらいのでやめたほうが良い。ということは前にも書きました。それでも敢えて夏休みに実行できるのは、最低限寝る場所に空調が入っているからでもあります。

昨年に引き続き、場所は神奈川県茅ケ崎市の柳島キャンプ場です。
こちらには宿泊棟が備えられ、およそ5組40名ほどが宿泊できます。夏休みは激戦であることは間違いありません。神奈川県では珍しい海沿いのキャンプ場でアクセスが良い点と、茅ヶ崎市が運営しているため料金が非常に安いところがポイントです。


今年はお盆の時期にかけて天候がすぐれず、私たちが訪問した日も、曇り時々雨という、ある意味試練のキャンプとなりました。

こちらのキャンプ場、チェックインが11時ということで、早めに入ればお昼からキャンプ飯がいただけるわけですが、このあたりがホテルとは違うところです。通常、ホテルであれば部屋清掃などが入るため、15時~が相場。早いところでも13時です。


今回、1日目のお昼は「ハンバーガー」
春の富士山キャンプでは、牛の冷凍パティを自作して持って行ったのですが、今回は参加者も多いということで、市販の冷凍パティを購入。
・・・って、安いの買ったらソーセージパティって、豚肉じゃん?!
牛のハンバーガーの味わいはありませんでしたが、これはこれで美味しかったです。でも、やっぱり次は牛のパティにしたいなぁ。


夏のキャンプは泊まるにはつらいですが、昼の遊びに飽きることはありません。
柳島キャンプ場は海沿いのキャンプ場なので、徒歩で海岸に出ることができます。
子供たちも干潟で水遊びして、蟹を山ほど釣り上げました。タニシみたいな貝を割って、身を針につけると、蟹が面白いように食いつくんです。蟹って肉食なんだぁ・・・・と改めて実感。



夜は定番のバーべキューです。
コストコで購入した218円/Kgの牛焼肉をメインに(これが安いのに思いのほか旨い!)鶏、豚巣ペアリブ、タン、ソーセージ、おにぎりなどで野菜はほぼなし。
野菜なんて用意してもだいたい余るので、最近は野菜を用意するのをやめてしまいました。


宿泊棟は大部屋のフローリングで、布団を敷いて寝るだけですが、清潔で快適です。
シャワー室もあり(宿泊者無料)このあたりがテントとはだいぶ違いますね。テントサイトでも、高規格のキャンプ場では1泊6000円が主流となりつつある昨今、7人部屋で10000円、24人部屋で27000円とむしろテント張るよりも安いのではないかと思います。


翌日は天候も悪く、海に入れなかったので、お弁当を持って、湘南夢わくわく公園で半日を過ごしました。こちらは、新湘南バイパスの高架下にある公園で、雨の日にも遊べるお勧めの公園です。20台程度の無料駐車場があります。




では、費用を纏めていきましょう。

高速代:2030円
ガソリン代:1100円(往復で90km)
食費:主にコストコ:6000円(昼-夜ー朝の3食)
宿泊費:6000円
2日目の昼食:2100円


合計:17230円

相当食べたり飲んだりしましたので、1泊の旅行としては、ずいぶん安上がりですね。
近場キャンプだと、こんなものでしょうか。大人数だと食費が比較的安くなる傾向なので、それに助けられた感じもしますね。エンゲル係数高めの旅行は、満足度も高くお勧めです。























PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック