忍者ブログ
家族旅行の費用を綴るブログ

4月18日は、大潮ということもあって、潮干狩りに出かけました。
横浜市海の公園は、首都圏では珍しく入園料も取られることなく、自由に貝が掘れるスポットです。人工の海岸なので、はじめはあさり貝を撒いたのかもしれませんが、近年は完全に定着し、自生しているとのこと。

すごい数の人が、潮干狩りに訪れるため、店で売っているような大きいものは、ほとんど取ることができないのですが、GW前のこの時期であれば、食べれる程度のものを取ることはできます。
ルールでは、1.2cm以下の貝は獲らない。2.1人あたり2kg以内。となっていますが、罰則はなく、要は常識の範囲で1回で食べる分だけ取る、ということですね。
ルールに強制力がないと、稚貝まで掘りつくされたり、1人で売るほど持って帰る人が居そうですが、実際にはそういう人はほとんどいません。おかげで、今回も海には驚くほどたくさんの貝がいらっしゃいました。適当に掬っても、片手の一掬いで10匹くらいは入ってくるほど、高密度で貝が生息しています。しかし、2cmを越える大きさの貝は、その10匹の中に1匹いるかどうか、という確率です。貝をさがすというよりは、選別するといった感じの潮干狩りでした。


行程
自宅出発6:50→公園到着7:40
帰宅時刻:17:00

かかったお金
ガソリン代 800円(往復で60km)
高速代 1140円
駐車場代 1000円
お昼ご飯 4000円

合計 6940円


半日遊んだにしては、そこそこのコストパフォーマンスでしょうか。
朝早かったので、朝ごはんは家から持参したんですが、昼までは持っていく元気がなく、ファミレスにいくことになりましたので、そこがコスト高い要因ですね。
海岸は風も強く、砂浜でお弁当という感じでもなかったので、仕方なかったのかも。

あ、実は駐車場って1日900円のところが、八景島~海の公園の間に1つだけあるんですよね。。。。









PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック