忍者ブログ
家族旅行の費用を綴るブログ

 先日、ぐりんぱでのそり遊びの旅行記を紹介しましたが、子供向け(大人も楽しい?)そり遊びのスポットについて、紹介したいと思います。私の居住地の関係上、首都圏から行けるところです。すみません。

 最近、ほとんどのスキー場にはキッズゲレンデが準備されていますが、東京、千葉あたりから行きやすいゲレンデはホント限られています。八ヶ岳や軽井沢、または水上あたりまで、日帰りで行けなくはないですが、片道4時間、往復8時間の道のりを2~3時間のそり遊びのために費やすのもなかなかに根性の要る話です。例えば東京から2時間程度、ということになるとゲレンデは富士山周辺に限られてきます。

・ぐりんぱ:大人1100円、3歳以上750円、駐車料金1000円、有料道路1020円
・イエティ:大人900円、3歳以上600円、駐車料金1000円、有料道路1020円
・富士山こどもの国:大人820円、小学生200円
・ふじてんスノーリゾート:キッズパーク3歳以上700円、駐車料金土日1000円
・カムイみさかスキー場:キッズタウン3歳以上700円
・富士急ハイランド:入場料大人1400円、3歳以上800円、そりゲレンデ400円、駐車料金1000円


 値段で言うなら、比べるまでもなく富士山こどもの国が最安です。上記に表示している正規の料金から、HPまたはJAFの割引で大人300円引き、富士サファリクラブ会員(無料)なら大人子供とも半額です。つまり大人2人、小学生1人920円で1日滑り放題。小さいお子さんがいて、雪で遊べればいいのであれば、まずはここでしょう。

 ぐりんぱとイエティは、入場料がそこそこ高いのに加えて、南富士エバーグリーンラインという有料道路のど真ん中に位置し、往復料金を取られます。これが結構痛い。ですが、小学生くらいで、スキーやスノーボードをあまりやらないお子さんなら、雪ピカソなど遊戯施設充実のぐりんぱにはいく価値があると思います。ここは割引券も、1人50円引き程度のものしか出回っていないので、出費は覚悟して下さい。

 そりもいいけど、やはりスクールに入れてスキーを覚えさせたいと思う場合は、スキー場になると思います。ふじてんスノーリゾートも会員になれば駐車場は土日も無料。なので値段はいい勝負です。
 キッズゲレンデの充実度でいえば、ふじてんに軍配。そり&子供スキーゲレンデ合わせて3本のゲレンデに加えて、休憩室、ふわふわ、雪遊びスペースと充実の広さです。カムイみさかは、そりゲレンデの大きさでビハインドがありますが、人は少ないので施設の充実度は負けてますが快適かどうかはいい勝負でしょう。
 スクールに関して言えば、両者とも半日と1日のコースを用意しています。ふじてんは会員登録でスクール1000円引き、カムイみさかもヤフオクで割引券(100円以下)を購入すれば、リフト券半額&スクール割引。半日2時間3000円~3500円で小学生をスクールに入れることができ、非常に安い価格設定となっています。
 1つ追加すると、カムイみさかの割引券は1日リフト券が半額の1800円になるという特典があります。1日券があれば、キッズタウンの入場はフリーになりますので、キッズタウン+1100円で大人1日券が手に入ります。これはリフト4本分で元を取る金額で、子供をスクールに入れている間に大人は一滑りするのであれば、ふじてんよりもカムイの方がお得です。

 そりゲレンデでも、施設によって大きく値段がことなります。目的に応じて、お得にそり遊びを楽しんでみましょう。







PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック