忍者ブログ
家族旅行の費用を綴るブログ

 2016年最後の日曜日は、日本中央競馬会のGⅠレース最終戦である有馬記念の開催日でもあります。今回は子供たちを連れて、競馬体験に行くことにしました。
 ・・・と言っても、中山競馬場は自宅のある横浜からは結構遠いですし、有馬記念の日の中山競馬場は相当な混雑になりますので、今回は横浜市の自宅に近い府中市の東京競馬場で体験することにしました。東京競馬場では、当日実際にレースはないものの、パークウインズという取り組みで、勝馬投票券の購入のほか、スタンドや内馬場を解放し、他の会場(中山競馬、阪神競馬)のレースを見たり、グルメイベントを実施したりしていました。


 中央競馬は通常1日に11から12レースをこなします。朝から馬は走っていますが、有馬記念のような重賞レースは、当日のメインレースと位置付けられ、最終レースの1つ前で出走します。この日は中山の第10レースで、出走時刻は15:25。そんなわけで、3時過ぎからのレースを見るのに朝から行くわけもなく、午後1時ごろの競馬場入場となりました。

 パークウインズの時は、競馬場への入場料がかかるわけでもなく(指定席はかかりますが)実際にかかるお金は、駐車場や食費、馬券などの実費のみです。そこそこお得なたのしみのようにも 思えますね。内馬場では、広い芝生の広場があったり、子供用の遊具があったりしますので、ちょっとした公園みたいです。


では、費用をまとめていきましょう。

ガソリン代 400円(片道20km)
駐車場代 800円
昼食 3000円

合計 4200円

お弁当とか持っていけばよかったのでしょうけど、日曜ということで外で買うとこういう結果ですね。駐車場は、競馬場の公式駐車場は1日あたり1000円、周辺だと1時間400円~600円で上限1200円から1600円のところが多いです。
今回は、たまたま40分200円というところを見つけたのと、午後から行って滞在時間が短かったことで安く上がりました。

肝心の成績は、投資額2200円に対して、当選金額は880円で大負けでした。
レース開催日はまた違った費用構成になりそうですね。

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック