忍者ブログ
家族旅行の費用を綴るブログ

福岡への年末の帰省も元旦を迎え最終日となりました。
今年(去年?)の年越しは、子供のころのように夜更かしをするでもなく、学生のころのように2年参りをするでもなく、穏やかに自宅で過ごしました。
最近は、福岡に帰省しなければ、妻の実家でやはり行く年来る年を見ているうちに、日が変わる、という感じでどこにいても変わりません。

翌朝は、初日の出を見ることもなく、普通に朝7時過ぎにおきて、いつもの朝ごはんのようにお雑煮を戴く元旦の朝。盆だろうと正月だろうと、生活のリズムを守るのが大事です。



さて、福岡最終日のおでかけは、公園・・・ではなく、福岡3社の1つ、宮地嶽神社です。
宮地嶽さんは商売繁盛の招き猫で有名な神社で、ご祭神は神功皇后です。
・・・ずいぶんと簡単な説明で、恐縮です。

元旦とはいえ、午前中の神社は比較的空いていました。
参拝者の列もお手水のあたりまでで、15分ほど待って参拝。今回は5円玉を大量に準備してきましたので、がしゃがしゃと探すような慌しい場面もなく、スムーズに進みました。
今年もいろいろと出かけると思いますが、準備を怠らずに混雑を避けてスマートにやれそうな1年のスタートです。


神社の楽しみといえば、もちろんおみくじ。
あんまり信じているわけでもないんですが、気持ちは昂ぶります。
結果
お兄ちゃん・・末吉
弟くん・・・大吉
妻・・・中吉
私・・・末吉
でした。

上の子はなんだか荒れてましたが(笑)、私も上の子も末吉ということで、気を緩ませずしっかりやれってことでしょうね。神様は見ていらっしゃいます。

旅行は可、商売・金銭は悪くないみたいで、末吉でも内容はそう悪くなかったですよ。


久々に破魔矢を買って帰ることにしました。
もう5年くらい飾ってある松蔭神社の破魔矢と交換ですね。


子供たちはお守り。なんと下の子は金運のお守りを熱心に選別していました。上の子は真っ先に学業成就。小3ですが、そんなに心配なんですかねぇ。



神社自体はなんてことのないスポットですが、垣間見る人間ドラマは面白いです。



午後。
飛行機の出発は17時15分なので、まだ時間はあったのですが、15時過ぎには空港に到着。福岡空港のお土産やさんを舐めるように見て回りました。
大抵、空港には出発の30分前くらいにしか着かないのがいつものことなので、みやげ物やを見て歩くなんてまたしばらくはないでしょうね。

4日間の福岡滞在もあっという間でした。
子供たちはもまたジジババとしばしのお別れです。
飛行機は、毎年の沖縄でもう慣れたものですから、福岡ー羽田はあっという間でした。
時間も時間なので、お弁当を買って乗りましたが、子供たちは食べもせずゲームに熱中・・・。お昼も遅かったので、おなかも空いていないのでしょうけど。

福岡空港のお弁当屋さん。今回利用したのは、博多いもっ子屋福岡空港店さんです。安くてうまい普通のお弁当屋さんです。空港だと空弁とか言ってちょっと高級な食材の入った(でもあんまりおいしくない)1000円くらいのお弁当をイメージするんですが、本当に普通すぎるお弁当屋さんです。
特別感はないんですが、お財布にはとてもやさしいと思います。

なにせ、行きの新幹線の弁当がひどかっただけに、ずいぶんとおいしく感じましたよ。



では、本日の費用を整理しましょう。

ガソリン代:300円(30km)
賽銭:235円
破魔矢、おみくじ:3400円
松ヶ枝餅:600円
お昼ごはん(うどん):1600円
ばんごはん(弁当):1800円
航空券:61000円

合計:68935円


航空券代以外で2食ついて8000円は、お出かけデーとしては安いほうですね。
今年も1年、お得な旅行が提案していけたらいいなと思います。

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック