忍者ブログ
家族旅行の費用を綴るブログ

1月の成人の日の今日は、千葉県はマザー牧場へ行ってきました。
この時期、遠出と言えばやはりスノーリゾートなのですが、ウェアとか板だとかそりだとか、結構準備が大変なんですね。その点、牧場なら手ぶらでOK、しかも寒い野外なので、意外に空いているのではないかなどど、甘い考えを抱きながら、房総半島へと乗り込んでいったのでした。


途中コンビニで割引の入園券と、お弁当屋さんで出来立てのお弁当を購入し、現地に到着したのが午前10時半ごろ。さすがに到着が遅かったので、第一駐車場には入れなかったものの、道を挟んだ第2駐車場にはまだ数台。惜しいところで一駐入りを逃しました。
3連休のはずが、駐車場がこれだけ空いているということは。。。。結構空いてる?

はい。空いてました。


一昨年の春に行った時には、子豚レースの出場整理券は300人の限界まで配布されたのですが、今日の11時の回はたったの50人程度。出場できる確率はおよそ1/2です。いやぁ、空いてます。
確率1/2ということは、兄弟のどっちかは、確率的に出られるわけで、お兄ちゃんが1等を獲って帰ってきました。さすがです。


園内のレストランは結構高いかなぁ、との思いもあり持ち込んだお弁当。
何年か前には、寒風吹きすさぶ野外で冷え切ったお弁当を食べた経験があったので、今回は、屋内の休憩所を探した結果、、、、ありました。
展望塔1階に無料休憩所があり、持ち込みお弁当を広げていただきました。
ストーブも入っていて快適です。



午後のイベントはいちご狩り。
イチゴ農園に行けば、食べ放題なんですけど、一人1500円~2000円はかかるので、4人で行けば6000円はくだらない。その点マザ牧は従量制なので、意外にお安く済むんです。入園料が1人200円で、渡されるかご1かご一杯で大体500g(1000円)。平均的なイチゴ農園の価格と同じ分食べようとすると、一かご半ほどの量を一人で食べるということになります。その数実に厳選した大粒のイチゴ30粒以上です。気持ち的な抑制も働くし、一回出てしまうとまた入園料がかかるので、追加でイチゴを獲るということにもならないし、結局安く上がるんですね。
そういう仕組みなので、3連休最終日の本日午後に至っても、大粒で食べごろのイチゴが山ほどハウスに残っていました。食べ放題農園だと、初日の人たちに食い荒らされてそうは行きませんよね。



そういえば、園内菜の花が早くも満開に近づいていました。
やっぱり房総なんですね。



では本日のかかった費用をまとめます。

出発:横浜市 8:20ごろ
目的地:マザー牧場 千葉県富津市 到着10:20ごろ
帰着:退園15:20頃→木更津アウトレット→帰宅19:45
交通手段:車


かかったお金
ガソリン代:1400円(往復120km)
高速道路代:4510円
昼食代:2200円(としやま弁当佐貫店)
入場料:4100円(セブンイレブン富津亀沢店)
うまのエサ:300円
いちご狩り:1900円
ふわふわ滑り台:800円
ソフトクリーム:1460円
夕食:3850円(木更津アウトレット内)

合計:20520円

今回は急に決まったので、事前に割引券を準備できていなかったことで、入園料がかなりかかってしまいました。あと、千葉県内と神奈川県内もフルに高速利用したので、こちらも出費が増える原因になりました。高速代については、数千円の出費を抑えるために、2時間くらい移動時間が増えることを良しとするか意見が分かれるところです。
出発、帰着時間も考えて事前に計画しないと、高いコストパフォーマンスは実現できないということです。


急に決まったのは、連休なのに事前にお出かけプランを準備できていなかったことに尽きるわけですが、我が家は旅行好きなので、仕掛け人側として、いつ振られてもいいよう、常に準備が必要ですね。
PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック