忍者ブログ
家族旅行の費用をつづるブログ

今日はこれからまさにシーズンの花火大会を特集したいと思います。
日本全国いろいろなところで花火大会が実施され、その大会の数は数百にもなるわけですが、今回は、首都圏から行く1万発以上の花火大会に絞ってお届けします。

1万発以上の花火が首都圏のどこかしらで上がるとしたら、真っ先に思い浮かぶのは、すごい混雑!隅田川や神宮、江戸川の花火に行ったことがある人の中には、その人の多さにもううんざり、という感覚を持っている方も多くいると思います。
ということで、穴場の大会を集めてみました。


まずは、花火大会の人出がどのくらいになると混雑すると思われるか、そのあたりから解説したいと思います。
打ち上げ場所や会場の広さにもよりますが、1万発以上上がることを前提にした場合の人出は、おおむね次の通り
10万人以下:超穴場。夕方から行っても余裕で座れる。
10万~15万人:規模の割には思いのほか人が少ない。場所取りも午後でOK.。
15万人~20万人:いわゆるふつー。混んでいる。座る場所を確保するなら昼頃を目安に。
20万人~30万人:地域の有名花火大会。座る場所を確保しないと立ち見ではつらい。
30万人~50万人:他県からも人が来るレベル。朝から場所取りに行っても、取れない可能性もある。
50万人以上:全国の超有名花火大会。コツをつかんだ人しか場所取りは不能。立ち見をするにも人が多くて大変。


混雑を避けて、豪華花火が見たいと思うのは人情ですが、せっかくの豪華な花火も観客が少なくては続けることができません。打ち上げるほうだって大変なのです。やはりお客さんを呼ぶ努力をしています。最近の話題では、埼玉県の「こうのす花火大会」が以前8月2週目に実施していたころ、観客動員15万人くらいの穴場花火大会だったのですが、3年ほど前から10月へ大きく時期をずらし、今では60万人を動員する大花火大会になりました。以前はよく行っていましたが、もう人が多すぎてとてもじゃないけど行けませんね。

このように、穴場かな~と思っても、数年たつとお客さんが増えていたりするのはよくある話ですので、夏が始まるこの時期に毎年検討してみるとよいと思います。

では、筆者推薦の花火大会をご紹介します。

1位
群馬県 川場まつり 7/24(土)
打ち上げ数:1万発、昨年の人出:0.2万人
穴場度No1はここ川場村。会場は村内の中央公園でやや手狭間はあるものの、規模に対して圧倒的に少ない人出は、のんびり過ごすことができ、満足度も高いと思われます。

2位
栃木県 那須野ふるさと花火大会 8/6(土)
打ち上げ数:2万発、昨年の人出:8万人

栃木県 尊徳夏まつり (真岡市) 8/27(土)
打ち上げ数:1万発、昨年の人出:8万人

次点としたのは、栃木のこの2件。真岡市はもう1つもっと大きな花火大会があり、夏休みも終わりのこの時期に、見劣りするこちらの大会は人が少ないのかも。那須野の花火は、花火大会の開催自体が最も多い8月の第一土曜。激戦のこの日には、より便利な場所でより有名で大きな花火大会が開催されるため、那須野に足を運ぶ人が少ないのでしょう。


3位
静岡県 伊東按針祭海の花火大会 8/10(水)
打ち上げ数:1万発、昨年の人出:22万人

山梨県 神明の花火 8/7(日)
打ち上げ数:2万発、昨年の人出:20万人

この2つの大会は人出こそ20万人と多めですが、会場の広さもあって、首都圏の人混みとは、まだまだ一線を画す存在。花火大会としての花火そのものの質も高くお勧めの大会です。神明の花火は昼頃、按針祭は日暮れ前までに場所取りをすれば、家族4人くらいの場所は何とかなると思います。


そのほかの穴場大会

・千葉県 旭市いいおかYOU遊フェスティバル 7/30(土)
打ち上げ数:1万発、昨年の人出:12万人
・山梨県 河口湖湖上祭 8/5(金)
打ち上げ数:1万発、昨年の人出:12万人
・千葉県 佐倉市民花火大会 8/6(土)
打ち上げ数:1万6000発、昨年の人出:15万人
・千葉県 館山観光まつり館山湾花火大会 8/8(月)
打ち上げ数:1万発、昨年の人出:14.5万人
・千葉県 流山花火大会/埼玉県 みさとサマーフェスティバル 8/20(土)
打ち上げ数:1万4000発、昨年の人出:16.5万人(流山)/12万人(みさと)


流山は今年市制50周年の記念花火で数も多いので、今回ランクに入れてみました。

本当は桟敷席が取りたいけれど、そうもいかない。
でも子供を連れて満員列車のラッシュのような中に突っ込んでいくのも憚られる、というかた。
ぜひ参考にしてみてください。



PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック