忍者ブログ
家族旅行の費用を綴るブログ

行ってきました、平日2部。
キッザニア東京は、子供が職業体験をすることができるテーマパーク。大人は園内に入って付き添うことができるものの、アトラクション(パビリオンという)を体験できるのは子どものみ・・・という首都圏や関西の方にはおなじみのスポットです。

キッザニアは1日2回の入れ替え制で、後半の2部は午後4時スタート。
低学年のうちの子は、学校が終わるのは2時35分なので、下校後に間に合う算段。幼稚園の下の子も水曜が午前保育のみで、翌日が他学年の遠足で休みになるという状況も加味し、5月27日の水曜を実行日としました。
大人は当然午後半休を取得。。。学校とは違い、仕事は事前に準備しておけば、割と休めますからね。


では、当日の行動。
14:35 小学校下校
14:40 下校途中で子供を拾い、そのまま車で現地へ。
15:45 入園並び
15:55 入園
16:00 サッカー
17:00 警察署
18:00 絵具屋
19:00 食品研究所(冷凍食品)
20:00 パイロット
20:40 退園
22:10 帰宅

例によって例のごとく、お菓子工場はあっという間に予約終了だったわけですが、それ以外のパビリオンはそれなり。15分以内待ちの職種やアルバイト職も多く、比較的空いていた日と言えるでしょう。

体験時間はだいたい1つ30分ですが、予約をするとスタート15分前に集合がかかり、次のパビリオンへの移動も5~10分。前後合わせて50分から55分かかるため、よほど短い仕事以外、待ちなしでほぼ1つ1時間。5時間で5つですから、今回は及第点と言えましょう。

効率よくこなすポイントは、、、、、



・待ち時間30分以下または90分以上の仕事を選ぶ
これに尽きます。待ち時間60分の仕事でも集合時刻は45分後。45分間では次回案内すぐの場合ですら、できる仕事はほとんどありません。まして45分待ちなら、実質の空き時間は30分。ほぼ絶望的な空白時間となります。なので30分以下の仕事に続けて入るか、90分以上の仕事を予約し、その待ち時間に30分以内待ちの仕事をする。この繰り返しにより、効率よく仕事をこなすことができます。

では、費用を見ていきましょう。
かかったお金

ガソリン代 1100円(往復80km)
駐車場代 0円(4時間券+ららぽーとカード)
高速代 1130円
入園券 4200円(大人2、小学生1、幼児1の半額)
夕食 2300円(ピザ、モスバーガー)

合計 8730円

キッザニアの半額券はたまに、ヤフオクでも出ています。
私は株主として頂いた(正しくは株主招待デーに行けなかったので、そのお詫びにもらった)チケットを使いました。平日2部のみ半額で、他の時間帯や土日は20%引きということで、いま一つ魅力に欠けるのでしょうね。実際の取引額は1000円前後で、平日2部の方はこの半額チケット使わない手はないですよ。






PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック