忍者ブログ
家族旅行の費用を綴るブログ

今日はちょっと面白いお題を見つけたので、考察を入れていきたいと思います。
mama staから、「夏休みの貧乏人の旅行プラン」というスレッド。
mama staは、ママ向けの掲示板サイト。個人的にはそんなにメジャーではないかなぁと思うのですが、たまに面白い記事があります。やはり読売新聞の発言小町やベネッセのウィメンズパークの方が流行っている感じがしますね。


もとい、お題は、家族で夏休みに一泊旅行、費用は2万円。できれば1万円で2回(2泊)行きたい、というリクエスト、もちろん、1人あたりではなく、家族4人(3人?)での合計です。
さて、皆様ならどんなプランを考えますか?


断片的ですが、いくつか良いアイデアがすでに投稿されています。
・キャンプ、バンガロー
・車中泊
・市民プールや動物園など、入園料が安く1日遊べる施設を組み込む

無理に泊まらず日帰りで、とか旅行はお金をかけるけど普段は節約するとか、批判的な意見も結構ありますが、それは回答者がそれなりに稼ぎがあって恵まれているからなのは明白です。


1泊することを前提に、予算を家族で1万と置いた場合、宿泊費は5千円~6千円程度に収める必要があります。選択肢はビジネスホテルのツインorダブルに添寝で泊るか、キャンプするか、おそらく2択になるでしょう。


アイデア1:花火大会とキャンプを楽しむ1泊2日
 キャンプは自分で何でも準備するので、お金のかからない旅行スタイルの1つですが、バーベキューなので肉を大量に仕入れたり地元の高級食材を目指したりすると、結局お金がかかります。かといって、キャンプ場でテントの前に座り、スーパーのお弁当というのもわびしい。そこで、今回は花火大会をセットにしてみたいと思います。
(準備)
 ①地域の比較的大きな花火大会をさがす。
 ②会場近くのキャンプ場を予約する。
(例)
・山梨県市川三郷町の神明の花火と四尾連湖キャンプ場(水明荘と龍雲荘の2件ある)
→龍雲荘バンガローで6000円。あとは食費と交通費のみ。花火大会は昼から場所をとっておき、昼間は湖畔で遊ぶ。水着があれば、湖でも泳げる。スーパーでお弁当を買って、花火を見ながら食べれば、数百円の弁当でも全く侘びしくありません。
・古河花火大会とつくば市内のキャンプ場
古河あたりだと、つくば市にたくさんのキャンプ場がありますので、比較的利用しやすいですね。道具をお持ちなら、豊里ゆかりの森など家族4人でテント1張り1150円という激安設定です。

というように、このプランでは、都心の花火ではなく、地方の大きな花火大会を狙うというのがポイントになります。これなら1泊1万円でもかなり満足度が高い旅行になると思いますよ。


アイデア2:ビジネスホテルに子供添寝プラン
 地方の方が都心(または地方の中心都市)に出てくる場合、ビジネスホテルの利用が非常に安くて良いと思います。ただ、街中は食事が高くつくので一工夫欲しいところですね。
小学生までが添寝無料で泊れるホテルは、代表的なものとして以下のホテルチェーンがあります。
東横INN
アパホテル
ワシントンホテル
ほかにもありますが、1泊あたりの料金が安いところでは、こんなところでしょうか。
 都心には昼間遊ぶには、安くて楽しいところがたくさんあります。特に公営の博物館や動物園はおすすめです。家族4人で1000円~1500円もあれば半日以上遊べちゃいます。
 食事が外食だと、どんなに頑張っても家族で3000円くらいはかかってしまうので、1泊旅行を1万円で収める最大のネックはこのプランでは食費になると思います。ホテルという狭いながらも快適な空間がありますので、お弁当でもいいんですけどね。



こんな感じで、それなりに楽しく、しかも安く1泊旅行を楽しむというコンセプトで情報を集めてみました。といっても、移動なども考えると、結局2万円くらいはかかってしまうような気がします。もう少し贅沢をしたい方は、これをベースに肉づけをするという使い方も良いかもしれませんね。





PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック