忍者ブログ
2017年の沖縄旅行です。


ニライビーチ。
沖縄本島でもホテルに隣接していて、自然のままのビーチ。
生きたサンゴや、熱帯魚などを見ることができる、数少ないビーチです。



沖縄本島のホテル隣接ビーチで、シュノーケリングが楽しいところは
ここ、ニライビーチ
と、オクマビーチ
くらいじゃないでしょうか。
伊計ビーチ(本島じゃないけど)はホテルに近いけど、惜しい。

もちろん、ホテル隣接でなければ南部のジョン万や裏真栄田、ゴリラチョップなどの有名どころがあるように、本島でも魚影の濃い海岸はいくつもあります。

オクマの場合は、敷地が広すぎるので、ビーチからプールまでも結構ありますが、アリビラはそこんとこコンパクトなので、ビーチでシュノーケルして魚見て、疲れたらそのままプールへ。という遊び方も可能。この遊び方覚えたら、もうやめられません。




時刻は15:30
アーもうそろそろ夕方かな?
あと1時間もしたら・・・
なんてことはありません。
沖縄は緯度が低いので、夏は5時でも6時でも明るいです。

干潮が13時~14時の間だったので、この時間でもまだ結構潮は引いていて、結構遠くまで歩いて行けました。海岸線から100m?もう少し行ったところで深くなっているようで、海の色が変わっています。その手前までは、水位は膝の高さか、せいぜいお腹くらいの高さ。小2の息子も、ずんずん歩いて沖に向かいます。水に顔をつけると、岩場やサンゴの陰に、小魚がたくさん。魚やその他の生き物を探して歩くのも、宝探しみたいでとても楽しく、時間を忘れてしまいます。


1時間ほど経って。
水位が少しずつ上がってきました。まだ全然足がつく感じですが、大潮なので、ここからの戻しは結構早いのではないかと踏んで、家族に帰還指示を出しました。風が南から吹いていて、どんどん北に流されるので、ビーチの岩場を目標に戻ります。
魚を見ながら少しずつ戻っていくので、ビーチまで20分くらいでしょうか。
水位が急速に上がってきました。海岸までもうほんの数十mですが、来るとき膝の高さしかなかった海は、大人でも背が付かないくらい深くなっています。岸に戻ったころには、沖の方に見えていた岩場もすっかり海の底に沈んでいました。
浮き輪もライフジャケットもあり、離岸流もなく岸も見えていましたので、大きな危険はなかったのですが、思いのほか急速に満ちてきた潮に、ヒヤリとしました。やはり自然は怖いですね。シュノーケリングで毎年多くの人が命を落とすというのが、よく分かる気がします。膝までしか水がないのをいいことに、素で水中メガネのみで来ていたら、きっと溺れていました。だって、風と波のある海で、子供を連れて百何十mも泳ぎ切るのはまず無理ですから。


今回は何事もなかったので、子供たちはケロッとしていますが、こういう場面でヒヤリだったと思えるかどうかは、危険感受性が育っているかどうかを見る指標になりますね。生き延びるために、子供たちには危険感受性の高い大人になってもらいたいです。



さて、海の後はプールです。
15時回ってビーチにきて、どんだけ泳いでるの?!というツッコミもありそうですが、まだまだ日は高く、子供たちも体力十分です。プール日和の長い長い昼下がりです。





気が付くと、17時50分でした。
「夕食18時半から予約してるんだけど・・・・。」
「え?もうそんな時間?」
燦燦と降り注ぐ太陽の下、ちょっと驚きを隠せない。
私は買い物があるので、車でちょっと出かけている間に、レストランに先に入ってもらうことにしました。

今日の夕食は、読谷リゾート内にあるgala青い海のお隣、海辺のダイニングKISAMAです。
昨年はグランドオープン直前で利用できなかったため、今年は勇んで予約。
窓の広い、雰囲気のよいレストランです。



19時すぎて買い物から戻り、すっかり遅くなったとばかり、妻に連絡。すると・・・・。
「まだ着いてない・・。」
(´・ω`・)エッ?

どうやら、アリビラを出てひたすら北に歩いて行ったようで、行けども行けども店がない。
15分歩いて、取って返して30分。
いやぁ、私がいない間に、まさか反対方向に歩いて行ってしまうとは。(汗

ちょっと責任感じました。



ということで、すっかり遅れて店についてしまったのですが、店内はガラガラ。
他のお客さんは1組だけ。
日曜の夜は、近辺の居酒屋さんも閉まっているところが多く、結構混んでいるかと思ったんですが、実は結構穴場ですね。この店。


食事はとても美味しいですよ。
ハンバーグ、ラフテー、海ぶどう、チャンプルー・・・
沖縄料理メインな感じですが、子供が食べられるものもあって、空いてて雰囲気もいいし。
(他に客がいないからかもしれませんが)店員さんもすぐ来てくれるし、料理が出てくるのも結構早いです。
★★★★☆
星4つ差し上げます!



夕食:9700円


お代は大台に少し届かないくらいでしたが、我が家的にはその辺の居酒屋に行っても、8000円~10000円は普通に食べるので、まぁ、普通だと思います。一般的なご家庭なら、ご家族で8000円くらいでしょうね。



帰りは家族そろってワイワイ話しながら、夜風に吹かれてホテルに戻りました。
「帰ったら、アリアカラで飲みなおすぞ~」
とか言いながら、みんなバタンキューでしたね。


3日目に続きます。





今年も利用しました、ホテル日航アリビラです。
沖縄に来はじめたころには、高くて手が出ないと思っていましたが、一度来たらもうここ以外は考えられない、というくらい幸せなホテルです。騙されたと思って一度泊まってみてください。












PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック