忍者ブログ
2017年の沖縄旅行です。


3日目。
実質的には2日目ですが。


今日も朝から好天に恵まれました。
ベランダに出ると、南国の蒸した風の洗礼をうけます。
朝の時間、海は満潮に近く、波打ち際の大きな岩場もかなりの高さまで水につかっていました。


朝食のバイキングは旅行の楽しみの1つ。
ここホテル日航アリビラのベルデマールは沖縄全体で見ても、ホテルの朝食バイキングでは、1,2位を争うといわれるほど、おいしいことで有名です。

洋食が主体で、無理に沖縄感を出そうとしたり、和も洋もと欲張ったりしていないので、品数自体はすごく多い、というわけではないのですが、その分料理はいちいち手が込んでいます。それでいて複数種のパン、カレー、作りたてのオムレツなど定番は押さえられており、絶品のフレンチトーストもあります。手作りのホイップバター(私が利用した日には、パインと紫芋の味がありました)もあり、そのために「パンも食べなくちゃ~」なんという気持ちになります。
客席は、窓際から通路を挟み3卓(3列目)までとなっていて、奥行きをあまりとっていないので、どの席にも外の光が入ってきます。最も窓から遠いところに料理を配置することで、すべての席でオーシャンビューを楽しめるのも、ポイントだと思います。



そういう意味では、過去に泊まったかりゆしリゾートとムーンビーチは、2階にレストランを配置し天井も高めに設定していることで、比較的奥まで光は届くものの、レストラン自体が広く、中央の席では外はよく見えませんでした。リザンシーパークに至っては、1階に配置されていたこともあり、食事が提供されるテーブルのさらに奥にも客席があったので、本当に奥のほうの座席に案内されると、薄暗く、リゾートな感じすらありませんでした。



この日は、午後からシュノーケリングツアーを予約しているということもあって、午前中はまったりとホテルの部屋で過ごしました。海に入ってもよかったんですけどね。子供がベッドをゴロゴロと転がっている間に、サイドテーブルの角に顔をぶつけてしまい、一時病院行きか?!と思いましたが、結局大事には至らず・・・まぁよかったですが。
どこで、どんなふうに怪我するか分からないのが、子供ですね。
部屋にこもっていたのは、そういう理由もあるわけですが、帰宅後すぐ翌日には学校がある子供たちは、宿題などをやっておりました。なかなか現実からは離れられないものですね。



ただ、ホテルなどで掃除や食事の準備など、家事に追われないのが旅行の良いところでもあり、ホテルという環境で、いつもよりもじっくり子供の勉強を見てあげることができたり。これも、非日常なのかもしれません。



シュノーケリングツアーは、13時に三重城港集合なので、アリビラからは車で1時間ほど。お昼の時間も考えて2時間前の11時ホテルを出発です。ホテルの部屋でゆっくりしたのも、2時間半ほどでした。
結構余裕があるつもりでしたが、意外に58号線が混雑しています。時間も押し迫ってきたので、お昼ごはんはいつものあそこです。

A&W

毎年お世話になっている、沖縄にしかないハンバーガーチェーン。
ここしかない、というより、やっぱりハンバーガーが好きなのかもしれません。
朝ごはんもバイキングで死ぬほど食べているので、ハンバーガーくらいがちょうどよい、という事情もありました。


昼食:1800円

・・・・思いのほか安いですね。


13時。
バッチリ ON TIMEで三重城港に到着です。
初のボートシュノーケル。そして、初の大人数ツアー。
目指すは、ナガンヌ島。世界に名だたる慶良間ブルーの一部を垣間見るツアー。
果たして、ウミガメは見れるのでしょうか?



続きます。


沖縄のシュノーケリングツアー はじゃらんで予約!




















PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック