忍者ブログ
家族旅行の費用を綴るブログ


 先週に引き続き、本日も最安メニューを探せ!ということで、ディズニーシーのメニューを見ていきたいと思います。


 こうやって、記事にしているのですが、当然のことながら、1人で全部のレストランを回れるわけもなく、季節でメニューも変化しますので、公式HPのチェックは必須です。とはいえ、大体どこの店が安いというのは分かっているので、気軽にまとめが書けるわけですが。ほとんど全部のメニューがHPから確認できますので、お暇な方は是非チェックしてみてください。

ディズニーシーのレストラン一覧


 まずは定番のカレー屋から行ってみましょう。カスバ・フードコートというアラビアンコーストの店舗がカレー取扱店になります。ハロウィンの時期は、ヴィランズの手下が登場して大変な混雑でしたが、普段は結構空いているんですよ。

チキンカリー、ライスとナン付き ¥780


 ランドよりもちょい高いですね。チキン・ポーク・ビーフと3種食べ比べしましたが、安いからではなくて、チキンが一番おいしいと思いました。好みかもしれませんが。


 次に、ランドでもおなじみのピザ行ってみましょう。ザンビーニブラザーズリストランテです。ここでは3人の兄弟が勧めるイタリアン ”ピザ”、”リゾット”、”パスタ”の3種が味わえます。

トマトとモッツァレッラのピッツァ ¥670


 こちらはランドのピザポートよりもちょっと安いですね。我が家のご用達です。
 そして、ピザもう1軒はセバスチャンのカリプソキッチン。こちらは、マーメイドラグーンにあるレストラン。いつも子供連れでいっぱいです。

ソーセージピザ ¥700


 ソーセージってのは子供向けなのかもしれません。やや高めの価格設定に、ご飯を待てない子供たちの足元を見た、そういう意図を感じるのは勘ぐりすぎでしょうか?

 次も定番のハンバーガー、サンドイッチ系を見ていきましょう。まずはケープコッドクックオフ。ダッフィーのショーでもおなじみのレストランです。ショーを見なくてよければ、大抵は待たずに入れるんですよ。

ハンバーガー 単品 ¥320(セット700円)


 そこそこボリュームはあるんで、小さい子供なら1個で十分なんですが、やっぱりポテトつけたくなっちゃいますね。ちなみに単品のポテトは220円でランドと同じ設定です。それなら、バーガー2個で、飲み物はお水でいいです。。。。あ、お水はどこでも無料なんですよ。

ホットドッグ ¥390


 このメニューはデランシーケータリングというワゴンのお店のもの。エレクトリックレールウェイのアメリカンウォーターフロント乗り場前にあります。子供に1個咥えさせるには悪くない選択です。
 サンドイッチ系の最後はニューヨークデリです。ブロードウェイミュージックシアターの並びにあります。

ニューヨーク・デリのおすすめセット ¥990


 敢えて店舗で一番高いメニューを紹介しましたが、この店の通常メニューであるパニーニやベーグルサンドは600円~800円の価格設定の割に、ボリューム的に物足りないところがあるので、個人的にはあまりお勧めしないんです。ただ、おすすめセットは、サンドイッチに、ポテト、スープ、ドリンクまでついてこの値段。サンドイッチも具が多くてコスパは高いと思います。

 最後にシーならではのメニューを1つ。ロストリバーデルタにある、ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナです。ここではメキシコ料理のタコスを味わうことができます。また気候が良い時期にはテラス席からのジャングルの眺めも、ちょっと変わっていてお勧めです。

トルティーヤホットサンド(メキシカンライス&ビーフ、メキシカンライス&シュリンプ) ¥800

テリヤキポーク・タコス 単品 ¥610

 
 敢えて2つのメニューを載せました。ボリューム感を目指すなら、ライスが入ったトルティーヤとなる一方で、価格としてはタコスの方が安いですので、ダブルエントリーしてみたという次第です。奥地なので、あまり行く機会もないかもしれませんが、混雑時には特に席が取りやすい穴場のレストランなんですよ。


 以上、ディズニーシーのレストラン最安メニュー紹介でした。
 1回に使うお金を節約していけば、高いと思っていたディズニーにも年に2回3回と行けるようになってきます。締めるところは締めて、子供たちの「また来たい~」に少しでも応えたいと思います。

実際にかかった費用の記事はこちら!

2012年9月 ディズニーランド 日帰り
2015年2月 ディズニーランド 日帰り
2015年6月 ディズニーシー 日帰り
2015年10月 ディズニーランド&ディズニーシー 1泊

他のブロガーさんの記事
2013年9月 大分発東京 4泊5日の旅 定番のTDRとスカイツリー
2013年5月 節約ディズニー旅行?!の費用、大阪発

ディズニー費用の関連記事

2014年11月 東京ディズニーリゾート周辺の格安宿泊施設
2015年1月 日帰りのディズニーランドでかかる費用
2015年12月 東京ディズニーランド最安メニューを探せ
2015年12月 東京ディズニーシー最安メニューを探せ


PR

ディズニー関連記事が特に人気の当ブログ。


 なんと、最近30日のアクセスランキングトップはこの記事
日帰りのディズニーランドでかかる費用(2015年1月)

 もう1年近く前の記事なんですが、なんと総アクセス数の16%って言うのだから驚き。
だったら、何か追加でディズニー関連の記事をかこうかなぁなんて気にもなりますよ。

 因みに同様の記事はいくつかあって、2015年2月の記事6月の記事10月の記事と今年は3回もディズニー1日の費用を載せています。合わせてご確認いただけますと幸いです。

 それはさておき、まぁそういうことなので、みなさんディズニーで一体いくらかかるのか、ずいぶんと興味津々なんだなって思いました。そこで、今回はディズニーランドでの食事について考えてみたいと思います。



 寒い日が続く12月ですが、今の時期外での食事、ピクニックエリアなどなかなか辛いものがあります。できれば園内のレストランで食べたいと思いますが、パーク内はいかんせん高い。というのも事実。しかも、ちょこちょこ値上げしてるんですよね・・・・・。そんなわけで、食べ盛りの中高生はともかく、ちょっと落ち着いてきた大人1人が、食事といってもまぁいいかなと思える量を提供している店舗で、最も安いメニューを確認していくことにします。

チキン&ローストオニオンカレー ¥720
(大盛870円)


ハングリーベアレストランからの1品です。ふつう盛でも、極端に少ないということはないです。若い男性にはやや少ないですが、大盛も用意されています。

ベーコンとパイナップルのピザ 単品 ¥410


キャプテンフックスギャレーの一品。ピザ1ピースなので、やや少なめですが、ぎりぎりお昼としてはOKではないかと思います。ボリューム的にはパン2個とか、そういう感じです。

ミッキーピザ 単品 ¥500

グローブシェイプ・ローストチキンパオ 単品 ¥550


ピザだけだとなんですからってことでパオも載せました。ヒューイ・デューイ・ルーイのグッドタイムカフェのメニューです。こちらも見た目よりはお腹ふくれます。セットのフライドポテトつけると、ガクッとコスパが下がる気がするのは気のせいか?

ミッキーブレッドサンド チーズ&ビーフパティサンド 単品 ¥600


こちらのハンバーガーはトゥモローランドテラスから。これも小食の方なら1個でも。ポテトと飲み物のセットは380円増しの980円。ポテト単品なら220円です。

ダブルソーセージピザ 単品 ¥720


パンギャラクティックピザポートのメニュー。実は包みピザはもっと安い値段なのですが、ボリューム的に1個で満たそうとするなら、ホールのピザ1枚ということになるでしょう。

鶏そぼろごはんプレート 単品 ¥670

ポークカレーボウル 単品 ¥600


プラザレストランから丼ものの紹介。腹持ちの良いのはやっぱり米。このあたりのメニューなら、1食として耐えられそうです。


 園内でポップコーンなど買い食いしたりするのであれば、敢えてお昼をお腹いっぱいにすることもないですよね。寒い冬のパークは暖房の効いた室内で食事にしましょう。1000円以下でも意外にバリエーションがありましたね。
 払うところ、ケチるところ。よく考えて、楽しいパークの1日にしましょう。



実際にかかった費用の記事はこちら!

2012年9月 ディズニーランド 日帰り
2015年2月 ディズニーランド 日帰り
2015年6月 ディズニーシー 日帰り
2015年10月 ディズニーランド&ディズニーシー 1泊

他のブロガーさんの記事
2013年9月 大分発東京 4泊5日の旅 定番のTDRとスカイツリー
2013年5月 節約ディズニー旅行?!の費用、大阪発

ディズニー費用の関連記事

2014年11月 東京ディズニーリゾート周辺の格安宿泊施設
2015年1月 日帰りのディズニーランドでかかる費用
2015年12月 東京ディズニーランド最安メニューを探せ
2015年12月 東京ディズニーシー最安メニューを探せ



家族旅行の費用を綴るブログ


さて、3回にわたって2daysのディズニーあらましをたどりましたが、費用を計算するのがちょっと怖いですね。


では、集計していきましょう。

かかったお金
宿泊費 24000円
パーク入園料 40000円
(大人6000円×4枚:ヤフオクで入手、子供8000円×2枚:2デーチケット)
交通費 10690円
(ガソリン代1300円:往復100km、駐車場代5700円:初日ホテル2日目シー、高速料金2060円、リゾートライン1630円)
食費 14190円
(1日目昼食3080円、夕食3600円、2日目朝食1300円、昼食6210円)
おやつ類、飲料 3280円
(ポップコーン1560円、アイス620円、ペットボトル1100円)
お土産 5010円


合計 97170円


おー。10万円ですね。
40%を占めるパーク入園料がやはり高いです。そして、交通費の6割を占めるのが駐車場。これを除くと概ね5万円で、我が家の普通の1泊旅行に近い感じです。ホテルも、素泊まりで2.4万とか、通常なら払わない金額なんですが、これもディズニーの魔法と言ったところですね。しかし、ケチるポイントもまた、たくさんありそうです。


このブログには未だ載せたことがありませんが、秋のこのシーズンは結婚記念日が近いこともあって、豪華コース料理+お泊りってのをやってたことがあります。その時の費用がおよそ8万から9万。どっちがいいとは一概に言えませんが、まぁディズニーの方が疲れることは間違いないです。
因みに、今回は2日間で44000歩を歩きました。


アトラクションほかのまとめ

ディズニーランド 12件
 プーさんのハニーハント
 ビーバーブラザーズのカヌー探検
 スティッチエンカウンター
 ハッピーハロウィーンハーベスト(2回)
 ビッグサンダーマウンテン
 スイスファミリーツリーハウス
 蒸気船マークトゥエイン号
 トムソーヤ島いかだ
 スターツアーズ・ザ・アドベンチャーズコンティニュー
 バズライトイヤーのアストロブラスター
 ワンス・アポン・ア・タイム
 カリブの海賊

ディズニーシー 11件
 海底2万マイル(2回)
 トランジットスチーマーライン
 ザ・ヴィランズワールド
 トイストーリーマニア
 ビッグ・バンド・ビート
 アリエルのプレイグラウンド
 ジャンピン・ジェリーフィッシュ
 マジックランプシアター
 キャラバンカルーセル
 センター・オブ・ジ・アース
 エレクトリックレールウェイ


なんだかんだで、結構回ってますね。初日は途中ホテル抜け+イクスピアリで夕食、2日目は18時過ぎ退園と滞在時間がいつもより2~3時間短い割には、かなりガッツリな感じだったようです。
また次回に向けて、検討していきましょう。
やはり平日・・・かな?


実際にかかった費用の記事はこちら!

2012年9月 ディズニーランド 日帰り
2015年2月 ディズニーランド 日帰り
2015年6月 ディズニーシー 日帰り
2015年10月 ディズニーランド&ディズニーシー 1泊

他のブロガーさんの記事
2013年9月 大分発東京 4泊5日の旅 定番のTDRとスカイツリー
2013年5月 節約ディズニー旅行?!の費用、大阪発

ディズニー費用の関連記事

2014年11月 東京ディズニーリゾート周辺の格安宿泊施設
2015年1月 日帰りのディズニーランドでかかる費用
2015年12月 東京ディズニーランド最安メニューを探せ
2015年12月 東京ディズニーシー最安メニューを探せ



家族旅行の費用を綴るブログ

その2に続き、その3です。
前回は、家族をTDSのハロウィーンショー「ザ・ヴィランズ・ワールド」の待ちをさせておいて、私は旅に出たところまで書きました。

トランジットスチーマーライン:メディテレーニアンハーバー発 (待ち10分)


ショー運営中は休止かと思っていたんですが、ロストリバーとアメフロの間を往復するんですね。逆走するスチーマーラインにも乗ってみたい気がしましたが、今回はロストリバーぶらり散歩で写真を何枚か撮りました。9時前ならグーフィーグリ20分待ちくらいですね。フリーグリのチップとデールもいましたが、こっちの人だかりもそれほどでもなく。一方で、インディー前のワゴン「エクスペディション・イート」がすごい列になっています。

帰りにノーチラスギャレーで、昨日ランドで食べそこなったスモークターキーレッグを買ってハーバーに戻ることにしました。ショーを見ながら早めのお昼です。

ノーチラスギャレー (購入待ち15分)
センターオブジアース ファストパス取得(16:05~17:05)


昼食 6210円

ザンビでピザ3枚+パスタ、ビール3杯に加えて、さっき買ったターキーレッグ。かなり豪勢です。

---

トイストーリー・マニア! (FP利用)
ビッグ・バンド・ビート (30分待ち)

 ビッグバンドビートは残念ながら抽選に外れてしまいましたので、初回待ちを狙うことにしました。初回公演は1階席も抽選なしなので、スタンバイで入場できる数も多く、この日は20分前でもまだ案内していました。
 しかし、ブロードウェイミュージックシアターの座席でゆっくり過ごすと、疲れがどっと出てきます。家族の疲労もだんだんあらわになってきました。

キャラメルポップコーン 520円

---

マジックランプシアター ファストパス取得 (14:10~15:10)
アリエルのプレイグラウンド (待ち0分)
ジャンピンジェリーフィッシュ (待ち10分)


 毎回プレイグラウンドには行くのですが、子どもは飽きないみたいですね。やっぱり行くと言いまして、今回もたっぷり1時間。この海底のどこにそんな魅力があるんでしょう?まぁ、大人は休憩できていいんですけど。



マジックランプシアター (FP利用)
キャラバンカルーセル (25分待ち)

 いやぁ、騙されました。カルーセル15分待ち表示だったんで入ったんですが、実際25分~30分というところでしょうか。混んでいるながらも、待ち時間は少なくやってきたので、ここにきての30分待ちは堪えました。
 しかし、ヴィランズ手下効果でしょうか。カスバフードコートが待ち列作っています。15時~16時といえば、普段ならガラガラで休憩にはもってこいなんですが、この日はちょっと入って座ることすらできず。さすがに中途半端な時間帯だったので、15分程度で案内されているようでしたが。

カレーポップコーン 520円
飲み物 200円

---

センターオブジアース (FP利用;交代乗車)
エレクトリックレールウェイ (10分待ち)

 いよいよ2dayのディズニー最後のアトラクションとなりました。普段のワンデーなら、この夜の時間帯から、またアトラクションに入るんですが、慣れない2daysで、さすがに嫁さんも子供たちも疲労の色濃く、今回はここまで。


 今年のディズニーシーハロウィーンでは、主にセイリングディ・ビュッフェと、カスバ・フードコートで新しい取り組みがあったようですが、混雑を避けて快適に楽しむがモットーの我が家では、レストランイベントは今回パス。アメリカンウォーターフロントやアラビアンコーストでのアトモスにも出会えず。また来年やるようでしたら、しっかり対策して臨みたいですね。

18:20 退園

帰りにスーパーによって買い物をし、晩御飯は自宅でいただきました。
疲れ果てていましたので、自宅で一息つけたのは、すごく開放された気分でした。
いつものワンデーと違い、今回は2日とも、パーク内の滞在時間がそれほど長くなかったのでどうかと思いましたが、思いのほか家族の満足度は高かったようです。

乗りたいものだけさっと乗って早めに退散、というのも悪くないかもしれません。




その4でまとめます。


家族旅行の費用を綴るブログ

10月初旬のディズニーハロウィーン。その1からの続きです。

普段はディズニーと言えば日帰りの我が家。ディズニーホテル以外わざわざ泊る価値を感じていなかったので、オフィシャルホテルは初体験です。リゾートラインでベイサイドステーションまで行き、リゾートクルーザーを使ったのですが、運転手さんもすごく親切でオフィシャルも悪くない感じです。ランドからホテルまでの所要時間は20分程度でした。

東京ベイ舞浜クラブリゾートの直前割は、条件は17時以降チェックイン、2ベッド大人2人、バルコニーなし、小学生以下添寝の条件で、土日で大人1人12000円。2人で24000円也でした。これは宿泊10日前の予約なのですが、7日前まで待てば18時以降チェックインで大人1人9000円というプランが出てきたので、ちょっとばかり後悔がありました。
(ちなみに、7日前にはキャンセル料発生で、乗り換えても結局料金はほとんど変わらなくなるので、チェックインが早い方が得)

宿泊費 24000円

で、入ってみてびっくり。
部屋がアップグレードされて、4ベッドの部屋、さらに葛西の観覧車がきれいに見えるバルコニー付、もちろん料金そのまま。超広い部屋に、疲れて寝落ちしそうだった子供たちも大興奮。ちょっと昼寝、と思ったのですが、とても寝るどころではなく、少しだけ休憩してそのまま夕食を食べに行くことにしました。


---

夕食は、イクスピアリのフードコートです。すごく高いわけでもなく、生ビールもあって、その日の気分によって食べたいものも量も大幅に変わる子供たちを連れて行くには、自由度があってすごく重宝しています。リゾートラインから来ると、少し分かりにくい場所にあるせいか、混み具合もそれほどでもないように思います。

夕食 3600円
明日の朝食 1300円


時刻も19時を過ぎてちょうど良い感じになってきましたので、当選したワンスアポンアタイム鑑賞のため、ランドに戻ります。

ワンスアポンアタイム(中央鑑賞席)

中央鑑賞席の指定場所は、前方中央のCブロック12列目。程よく距離のある前方、ど正面です。初当選がこんなにいい場所とは・・。運を使い果たしましたかね。さて、鑑賞席で見るワンスは正直かなり感動しました。以前、立ち見でプラザ正面のパレードルートあたりからは見たことあるのですが、その時は「ふーん。」という感想で、もう見ることもないかなって思っていたんですが、鑑賞席前方の迫力は想像以上でした。

カリブの海賊(0分待ち)

初日最後のアトラクションは恒例のカリブ。いつもの通り待ちなしでの案内です。こういったなんでもない穏やかなライド系アトラクションに異世界を再現して見せるところが、ディズニーの底力だと感じてしまう、代表的なアトラクションですね。


ホテルへ帰還したのは、22時少し前。途中の休憩で風呂にも入っていたので、みんなそろってバタンキュー。自宅へ戻るのと比べ1時間違うと、ずいぶん楽だなぁ・・と感じます。

飲み物(明日の分) 500円

ーーー


2日目、ディズニーシー。
 家族とは開園1時間~30分前の合流ということにして、皆を部屋に置いて5時半過ぎに車ごとディズニーシーに移動します。5:50頃(開園2時間10分前)の到着で、既に前方13組目。チケットブースとゲートのちょうど中間あたりです。いつにも増して出足の早い印象でした。

駐車場代ホテル 2700円
駐車場代TDS  3000円

8:02 入園
トイストーリー・マニア! ファストパス取得(10:40~11:40)
海底2万マイル (待ち5分)
海底2万マイル (待ち10分)

TDSの初戦は海底人の魅力に取りつかれた子供たち待望のノーチラス号の探検です。
朝一の2万マイルは非常に空いていて、1グループ1ポッド。子供たちは2回連続で乗りました。

ザ・ヴィランズワールド (待ち90分)

子どもが2回目の海底2万マイルに突入している間、ヴィランズワールドの午前中の回の場所確保に向かいます。正面ミッキー広場や周辺の座り見はほぼ埋まっている(8時40分時点)ので、今日は狙っていたとあるポイントで待つことに。9時に家族と合流し、子供たちは持参したDSで暇つぶし、嫁さんはビールで休憩、私は家族をおいて旅に出ました。


つづきます。